1. TOP
  2. > Blog
  3. wordpressが遅い原因

wordpressが遅い原因

公開日:2020年12月8日 最終更新日:2020年12月8日

皆さんはwordpressでブログを書いていますか?wordpressでブログを書くと、どうしても表示が遅くなります。なぜwordpressが遅いのか、原因を調べてみました。

wordpressが遅い原因は

wordpressの表示が遅い原因。率直に言うと、構造上の問題のようです。これは、wordpressが毎回ページを生成しているためです。

ページを表示させるためには、htmlが必要です。むしろ、htmlさえあればページを表示出来ると言えます。これに対し、wordpressはhtmlを持ちません。下記の様に、毎回htmlを生成しています。

  1. ブログにアクセスが来る
  2. データベースから記事データを探し出す
  3. phpにより、記事データをhtmlに変換する
  4. ブログが表示される

毎回毎回この流れを辿るため、どうしても表示が遅くなるようです。

キャッシュプラグインで原因を取り除く?

ちなみに、キャッシュプラグインを使うとページスピードが速くなるというのをよくネットで見掛けます。キャッシュも色々あるようですが、基本的にページの生成スピードを上げる効果があるようです。

例えば、javaやcssの読み込み、記事データの読み込み、など。アクセスの度にデータベースに行くと時間が掛かりますよね。

wordpressを使わないででブログを作れるか

キャッシュプラグインを使えば表示速度は大幅に改善されます。pagespeedinsightを見ると、元々モバイル20だったのが80まで上がっていました。

とはいえ、wordpressを使い続ける限り表示速度の問題は残り続けそうです。htmlだけで完結しているページの方がどう考えても速いですよね。特に凝ったブログでなければ、htmlだけで作成してみてもいいかもしれません。

私もチャレンジしてみようと思います。ブログを始めた当初はhtmlやcssを知りませんでしたが、今はprogateのおかげもあり、多少言語が分かりますしね。progateで学べるwordpressのプログラミング

終わりに

wordpressは構造上の問題により、どうしてもページの表示速度は上げにくいです。凝ったブログで無ければ、自作でhtmlでブログを構築しても良いかもしれません。私もやってみようと思います。

以上、参考にしてみて下さい。