1. TOP
  2. Blog
  3. wordpressのTwentyTwentyで日付をカスタマイズ

wordpressのTwentyTwentyで日付をカスタマイズ

公開日:2020年12月1日 最終更新日:2020年12月1日

wordpressのTwentyTwentyで日付をカスタマイズする方法です。デフォルトでも投稿者名と公開日が入っていますが、アンカーテキストが入っています。アンカーテキストなしで表示する方法を書いておきます。

はじめに

TwentyTwentyでは、デフォルトで投稿者名と公開日が表示されます。このまま使っても良いのですが、アンカーテキスト(ハイパーリンク)が付いているのが悩むところです。ハイパーリンクが多いと嫌ですよね。

そこで、デフォルトのものを非表示にし、新たに日付が表示されるようにカスタマイズしました。

wordpressのデフォルトの日付を追加CSSで非表示に

これはすぐに出来ました。追加CSSでmeta-textを非表示にすれば消えてくれます。


.meta-text{display:none}

wordpressに新たに日付を表示する

ここでは、記事の公開日と記事の更新日が表示されるようにします。

まず、子テーマのfunctionsに下のコードを入れます。私のような初心者のために、一応説明を入れておきます。


<?php
function koushin(){
    $str.='公開日:'.get_the_date().'<br/>'.'最終更新日:'.get_the_modified_date();
    echo '<p style="font-size:1.7rem;">'.$str.'</p>';
}
?>

functionsに書いた後は、いつも使っているAdInserterに下のコードを入れます。場所はBefore contentにすればタイトル下に表示されます。

ただし、デフォルトの日付とは違いアイキャッチの下に表示されてしまうんですよね。本当はアイキャッチの上に表示されてほしいのですが。妥協しました。


<?php koushin(); ?>

終わりに

無事にデフォルトのアンカー付きテキスト(投稿者名、公開日)を非表示にし、新しくアンカーテキストの無い公開日、更新日を表示する事が出来ました。

残念ながらアイキャッチの下に表示されてしまいますが、仕方ありません。機能は果たせますしね。

以上、参考にしてみて下さい。。