若葉の頃の奥菜は美少女

1990年代に若葉の頃というドラマがありました。堂本剛、堂本光一、奥菜恵が出ていたように思います。

堂本光一がお金持ちでお人よしな役、反対に堂本剛が貧乏だけど優秀な役でした。奥菜恵は堂本剛の幼馴染みたいな役回りでしたが、堂本剛が父親を刺して少年院に入ってる間に堂本光一と付き合いだしたりする役だったように思います。

見どころは、まず奥菜恵は本当に可愛かったです。そして、堂本剛が貧乏だけど優秀で、父親がろくでなしという複雑なところが面白かったです。

ストーリーはうろ覚えですがこのような感じです。

  1. 貧乏だけど優秀な堂本剛と、裕福でお人好しな堂本光一、そして奥菜恵
  2. 堂本剛の父親は光一の父親をゆすっている様子。色々な葛藤と事故が重なって堂本剛は父親を刺す。少年院に入る。
  3. 少年院から戻ってみたら奥菜恵が光一と付き合いだした。剛は光一の父親の養子になる。剛の父親は真面目になって建設現場で働く。光一は勘当されて同じ建設現場。そこに鉄骨が落ちてきて2人も意識不明になるが、どちらかしか手術できない。光一の父親は光一を選ぶ。
  4. 剛は実の父親を失い、弟と妹から責められる。そしてやり直すことを誓う。光一は植物状態。何年か経ち、奥菜恵と剛が光一の病院のベッドで話しているときに光一が目を覚ます。

amazonで売っていたので思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 19 =