1. TOP
  2. Tennis
  3. テニスのボレーでミスしない打ち方

テニスのボレーでミスしない打ち方

公開日:2020-12-24 最終更新日:2020-12-24

テニススクールでは、基本的にダブルスのゲームを想定してレッスンを行っています。当然、前衛でボレーをする事も多いです。ところが、ストロークと違って用意する時間が少ないからか、私を含めてミスをする人が多いです。ミスしない打ち方を考えてみましょう。

ダブルスのボレーの役割

ダブルスでゲームをすると、ボレーを打つ機会が多くなります。基本的には得点を狙うのがボレーの役割です。ポーチボレーのように強引に入っても良いですし、誰もいない所に打っても構いません。得点さえすれば役割を果たすことになります。

その他、ボレーが上手いと相手の後衛が警戒しながら打つようになります。こうなると、味方の後衛がのびのびと打てるようになります。

前衛のボレーミスが多いと…

ところが、前衛にボレーが苦手な人がいるとどうなるでしょうか?得点チャンスの時にミスをしてしまい、失点してしまいます。また、相手の後衛が警戒しなくてよくなるため、のびのびと自由に打ってきます。味方の後衛は走らされることになります。

ミスしない打ち方

そこで、ボレーでミスしない打ち方を考える事にしました。ミスは2通りあり、オーバーするかネットするかです。オーバーするときはラケット面が上を向いたまま打っている状態です。ネットするときはネットに向かってボールを打ってしまっています。そのため、ボールを上に飛ばさない事とラケットを振り回さない事が重要です。

終わりに

私の場合、ボールがオーバーする事が多かったです。そのため、オーバー対策になっているかもしれません。色々書いていますが、とにかく手打ちを止めて体重移動で打つ事が重要です。手打ちを止めるとオーバーする事がほとんど無くなります。

以上、参考にしてみて下さい。