1. TOP
  2. Tennis
  3. テニスのボレーで手首が痛い?

テニスのボレーで手首が痛い?

公開日:2021-03-19 最終更新日:2021-03-27

テニスで痛めると言えば肘です。私も以前は肘を痛めやすい打ち方をしていました。その後色々と打ち方を変え、痛みを克服した経緯があります(テニスで肘が痛い)。ところが、今度は手首が痛くなってきました。特に、ボレーをした後が痛いんですよね…。

テニスのフォアハンドボレーで手首が痛い

私の場合は、フォアボレーの時に手首を痛めました。実は、今までも打った後に少し違和感がありました。痛みほどではないですが、少し手首がダメージを負ったような感覚です。何回か手首を動かしたら戻るので、気にしていませんでした。それが、今回初めてはっきりと痛みを伴ってしまいました。

ちなみに、私はバックハンドボレーを両手でやっています。ボレーのフォームが悪いならどちらの手首も痛めて良さそうですよね。ところが、何故か片手でやっている時だけ手首が痛いんですよね。

横向きを作らずにスライス回転を掛けるのが原因

この、片手でやっている時だけ痛みを感じる、という所に理由がありそうです。片手だと何がいけないのでしょうか?まずは用意の時に、横向きを作らずに打ててしまう事が挙げられます。私は握りがコンチネンタルなんですが、本来コンチネンタルでは横向きを作らないとボールを打てないはずです。ところが、私はボールを打てている…。どうやら、手首の向きを変えて無理やり打っているようです。これで手首に負荷が掛かってしまっているのではないでしょうか。

もう1つはスライス回転です。最近スクールで習ったスライス回転。意識的にボールに回転を掛けた方が、相手が取りにくいボールを取れるそうです。しかし、このスライス回転がダメだったのでしょう。横向きを作っていない事も相まって、手首に大きな負荷が掛かったのだと思います。

ブロックボレーを使う

何とかして痛みを取り除きたい…。そこで、コーチに相談してみる事にしました。おすすめされたのは、ブロックボレーに戻ることです。折角、一段上のステップに行けたと思ったのに…。とはいえ、体が一番大事です。コーチに従い、ブロックボレーに戻りましょう。

また、これとは別に横向きを作って打つのもやった方が良さそうです。何とかして癖を付けるため、私は両手で用意する事にしました。両手でボレーをやるつもりで用意して、打つときは片手で打ちます。バックハンドボレーを片手で打つ人は、利き手じゃない方でラケットをセットしますよね?あれと同じイメージです。何だか2度手間な気もしますが、こうする事で少しずつ慣れていく事を狙っています。

終わりに

今回、初めて手首の痛みを感じました。ストロークは両手で打つ事で痛みを無くすことが出来ましたが、さすがにフォアボレーを両手でやるには抵抗があります。ブロックボレーと横向きで準備する事を意識して、少しずつ痛みが無くなれば良いかなと思います。

以上、参考にしてみて下さい。