HOME
Tennis
テニスの熱中症対策
カテゴリー
Tennis

テニスの熱中症対策

公開日:2020年10月14日
最終更新日:2020年10月15日

アラフォーの皆さんはテニスは好きですか?私は今スクールに通っているのですが、たまに頭がぼーっとします。熱中症対策は万全にしておいた方が良いですね。

  • はじめに
  • アウトドアのテニススクール
  • テニスの熱中症対策
  • 終わりに

はじめに

暑い日にテニスをして、頭がぼーっとした経験のある人は多いのではないでしょうか。テニスのような屋外での運動は、熱中症リスクを上げますよね。

最近私もスクールでテニスをやっています。皆の前で倒れるのは嫌ですね…。倒れないよう、熱中症対策を万全にしておこうと考えるようになりました。

アウトドアのテニススクール

ちなみに、私はアウトドアのテニススクールに通っています。アウトドアだと女性とも話がしやすいですしね。アラフォーがテニススクールで出会い?

インドアだとアウトドアほど熱中症に気を使わなくても良いのかもしれません。それでも水分補給は必須だと思いますが。

テニスの熱中症対策

さて、インターネットで調べると、まずは気温が高いときの運動を控える、というのがありました。確かに、気温が低い状態では熱中症にならないですしね。

一日のピークで言うと、だいたい午後2時が最も気温が高いらしいです。その時間帯は避けたほうが良いですね。出来ればナイターでテニスをするのが良いのかもしれません。

また、水の取り方も重要みたいです。喉が渇いてからでは遅く、私達が考えているよりも多くの量を事前に飲むと良いみたいです。

下記はジョイナス北野田様のページを参考にしています。

  • 練習前に500mlペットボトルの3分の1くらい飲む
  • ローテーション毎にこまめに水分を取る
  • 終わった後も取る

終わりに

アウトドアでテニスをやる場合、熱中症にならないよう万全に準備をした方が良いです。下記は守るようにしましょう。

  • 気温のピークの午後2時を避ける
  • 出来ればナイターでテニスをする
  • テニスをする前に水分を200ml程度取る
  • 休憩中も水分を欠かさず取る

テニススクールの場合はコーチが目を光らせていますが、個々でやる場合は自分自身が気を付けるしかありません。体を壊したら元も子もないですしね。

熱中症に気を付け、是非楽しいテニススクールライフを送って下さい。