テニス肘がテニススクールで悪化した

私は5年ほど前からテニススクールでテニスをしています。当初は色々異性の知り合いを増やしたかったのですが、だんだんとテニスの面白さに気付いていきました。普段会わないような人ともテニスができ、軽い運動は息抜きにもなるため、テニススクールは本当にいいです。

しかし、最近肘を痛めてしまいました。スクールを変えたのが原因なのでしょうか。年齢的な部分もありそうですが、、あまりに痛いのでテニス肘にならない打ち方を調べてみました。

まず、肘を痛めるモードは3種類あるそうです。

  • バックハンド時、片手でやるときに肘の外側を痛める
  • フォアハンド時、手をこねすぎて肘の内側を痛める
  • サーブ時、これも手のこねがよくないようです

私の場合、フォアハンドの手打ち、サーブの手打ちが原因と考えられました。特にサーブの時に酷い痛みです。手のこねは数年前にスクールのコーチに回転をかけるために教えてらった方法ですが、あまりよくないみたいですね。

そこで、ひとまずフォアハンドの手打ち矯正も含め、両手フォアハンドとしました。手の自由度が下がるため、こねも防げています。

また、サーブは腕をふりまわすようなスイング、手の力だけでやっていたのですが、ボールを上に投げるような気持ちで軽く打っています。50%くらいの力です。

ところで、この辺りをやりつつスクールを変えてみました。コーチが良くなかったのが理由です。すると、日に日に肘の痛みがよくなりました!どうやら、スクールのボールがよくなかったみたいです。詳しい理由は分かりませんが、前のスクールではボールが飛ばないため、手打ちに拍車がかかっていたようです。

結局のところ、環境が変わって痛みが出た場合、まず環境を疑うのが正解だったようです。まあフォームについて再度研究、改善できたので良かったとは思います。ダブルハンドのフォアも継続しています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + four =