1. TOP
  2. Tennis
  3. テニスでボールを安定させるには脱力が良いらしい

テニスでボールを安定させるには脱力が良いらしい

公開日:2020-12-27 最終更新日:2020-12-27

皆さんはテニスが好きですか?スクールに通っていると、綺麗なショットを決めて得点する人が少ないです。多くはミスをして失点するケースばかり。不安定なショットを安定させるには、脱力スイングが良いらしいです。

初級ではミスをして失点するケースが多い

私は今テニススクールの初級に通っています。スクール生は老若男女いますが、ほとんどボールが安定していません。ゲーム練習もしますが、勝つのはミスが少ない人です。攻め気が強くてチャレンジする人はミスが多く、だいたいネットかオーバーをして失点します。私も同様で、チャンスボールを強打してもネットする事が多いです。ミスを無くさない限り、次のレベルには上がれないのでしょう…。

手打ちの力んだスイングではボールが安定しない

では、初級の手打ちの何がいけないのでしょうか?一番は、手打ちだとフォームが固まらない所かもしれません。体を使わず手や腕だけなので、どんなボールにも柔軟に対応出来てしまいますからね。初級ではラリーをつなげる練習があり、ボールをコントロールするために手打ちの癖が付いてしまうのかもしれませんね。

ただし、手打ちはボールを強打するのに向いていません。手打ちで強打ばかりしているとだんだんと疲れてきます。前半は元気よく打てても、後半は疲れて浅いボールやネットが多くなります。手打ちは手や腕の筋肉しか使わないため、長時間ボールを打つのに向いていないのでしょう。

脱力してボールを打てばミスをしない

色々とネットを見ていると、長時間テニスをするプロテニスプレイヤーは脱力してボールを打っているらしいです。私もフェデラーの動画を見てみました。確かに、サーブの時もストロークの時も、ボレーの時でさえ軽く打っている様に見えます。

しかし、この脱力こそが安定したショットへのカギだそうです。サーブやストロークでは、力を抜いた方が楽にボールが飛んでいきます。毎回毎回、力んで打つ必要がありません。ボレーでも、力を抜いて打てばネットミスやオーバーが減ります。

なお、脱力した状態で速いショットを打ちたい場合、体全体の力でボールに力を与える必要があります。体全体の回転や体重移動がキーとなるそうです。この辺りは安定したボールが打てるようになってからでもいいかもしれませんね。

終わりに

勢いのあるボールを打って得点すると、気持ちが高揚しますよね。しかし、同時にそのようなショットはミスも多いです。ある程度ボールが安定して打てるようになってから、強いボールを打つ事を考えてもいいのかもしれません。

以上、参考にしてみて下さい。