テニススクールは高い、お金の無駄

最近はすっかり暑いです。今日はテニススクールについて考えたいです。

数年前からテニススクールに通っていました。真ん中より下のクラスです。得られたこともあり、失ったものもあります。失ったものは主にお金ですが。

普段、仕事をしているときは費用対効果を考えると思います。ところが趣味のことや生活の局面では、往々にしてこれを考えません。仕事で頭を使っているので、普段は何も考えずやりたいことをやりたい、という考え方です。

しかし、私も年齢的にこのままお金を垂れ流すのはどうかと考えてきました。全く何も考えず、テニスをしたいがためにスクールに通う。これはこれでいいお金の使い方だと思いますが、代替方法はないのか、など。とりあえず、少しまとめてみることにしました。

スクールで得られたこと

  • テニスの技術。たしかに打てるようになります。
  • テニスを一緒にできる仲間。たまに誘ってもらえますし、飲み会などもあります。
  • 異性との出会い。結婚したりする方もいるそうです。私は年齢、容姿のせいか何もありませんでしたが。
  • ストレス発散。運動をするとストレスが軽減されます。
  • 会社以外の人間関係。これも精神的な安定に必要です。
  • 定期的にテニスができる環境。お金を払っているので、基本的に何も気を遣わずにテニスができる環境が用意されています。
失ったこと
  • お金。月¥13,000として、5年間で¥13,000×12か月x5で¥780,000
  • 時間。一回80min、移動合わせて2時間として、5年間で2x12x5で120時間。これは大学の講義換算(90min)で80コマに当たります。

この¥780,000、120時間に見合うものがテニススクールにあるのか、が考えるべきポイントだと思われます。

結果、私は割高だと思いました。

ふと思うのは、私はいつまでスクールを続けるのかということです。この先10年続けるとなると、更に¥150万くらいお金がなくなることになります。私の今の経済力でこのお金はかなり厳しいです。

ただし、代替案としてのテニスサークルは中々難しいのではないかと考えています。サークルだと今までのように好きな時だけ行く、というのがやり辛い気がしています。また、人間関係を作るのが苦手な私にとって、一癖も二癖もあるサークルメンバーとの打ち解けに時間が掛かる気がしています。

何にせよ、お金を掛けずにテニスが出来る方法を模索しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × two =