HOME
Tennis
テニスでストロークを安定させるには
カテゴリー
Tennis

テニスでストロークを安定させるには

公開日:2020年11月22日
最終更新日:2020年11月22日

テニスをすると、いつもボールが浅くなってしまいます。さらにボールがまっすぐ飛ばないため、ラリーが続きません。テニスでストロークを安定させるには、どうやって打てばいいのでしょうか?

  • はじめに
  • テニスでストロークを安定させるには
  • テニスで深いボールの打ち方を考える
  • 終わりに

はじめに

最近テニススクールに通っています。スクールに通うとすぐに上手くなりそうですが、中々初級レベルから抜け出せません。特にストロークが安定しないんですよね。

ストロークが安定していないと、スクールのラリー練習が上手く続きません。何か安定させる方法は無いか考えてみました。

テニスでストロークを安定させるには

ストローク、安定で検索すると、大体下記の方法が出てきます。まとめると、体重を乗せて山なりにゆっくり打つ、という事でしょうか。

  • 手打ちをしない
  • スピンを掛ける
  • 軌道を山なりにする
  • ゆっくり軽く打つ
  • ネットよりラケット1つ分を通す

スクールでは色々な人がいますが、確かに手打ちの人はボールが安定していません。体重が乗っていないとボールが飛ばないためか、フルスイングのようになってしまうんですよね。そうすると、ネットやオーバーのミスが増えます。

また、速い直線的なボールが好きな人も同様です。速いボールは決まれば気持ち良いですが、ボールを安定させるのには向いていません。山なりのボールの方が安定します。

テニスで深いボールの打ち方を考える

体重を乗せて山なりのボールを打つと、当然ボールは深くなります。ところが、この体重を乗せて、の部分が初級の私には難しいです。何かやりやすい方法は無いのでしょうか?

色々とプロ選手の動画を見て思ったのは、用意を早くして、バッティングセンターのように打つのが良さそうです。ただし、スイングはコンパクトで良いかもしれません。体重が乗っていたらボールは飛びます。

私を含め、初級者は足の踏み込みがあまり出来ていません。足の踏み込みが出来れば腰も回転し、自然と最後にラケットが出てきます。そうすると、手打ちにはならないですよね。

終わりに

テニスのストロークを安定させるには、手打ちを止め、体重を乗せて山なりにボールを打つと良さそうです。体重を乗せるのは初級者にとって難しいですが、バッティングセンターのように打てば上手くボールが飛んでくれます。

以上、参考にしてみて下さい。