HOME
Tennis
テニスで肘が痛い
カテゴリー
Tennis

テニスで肘が痛い

公開日:2020年11月15日
最終更新日:2020年11月15日

皆さんはテニスで肘が痛い事がありますか?私も以前は慢性的に痛めていました…。

  • はじめに
  • テニスで肘が痛い
  • テニスのサーブで肘が痛い
  • 終わりに

はじめに

テニスをしていると色々な所が痛くなりますよね。私の場合、手首、肘、肩、と大体上半身が痛くなる事が多いです。下半身は単なる筋肉痛で済むのですが、上半身は関節を痛めてしまいます。

テニススクールのコーチに聞くと、やはりフォームが良くないとの事でした。本来、間違ったフォームだと力が上手く伝わらず、大きな力が出せません。それを無理して強く打とうとするため、肩や肘、手首に負担が掛かってしまうとの事です。

テニスで肘が痛い

私が最初に肘を痛めたのは、フォアハンドストロークをしている時です。ボールを打つと肘に響くんですよね。さらに、日常生活で手首を捻る動作(ドアノブを回すなど)が出来なくなってしまいました。正にテニス肘の症状です…。

改善方法は手打ちを止める事ですが、どうしても無理に強く打つ癖が抜けません。そこで、両手でフォアハンドをすることにしました。両手フォアハンドは体全体で打たないと力が伝わらないため、手打ちをしたくても出来ないんですよね。

ただし、ボールが打ちにくいです。私もフォアハンドが苦手になりました。とはいえ、全く痛みを感じなくなったので続けています。

テニスのサーブで肘が痛い

次に肘が痛くなったのは、サーブをしている時です。ボールを速くするため、力任せに打っていました。

すると、まずは肩を痛め、更に肘を痛めるようになりました。これもフォームが原因です。特に下記が悪かったように思います。

  • トスの時に前に体重を掛ける
    • 体重移動が出来ないため、手打ちになる
  • ボールを打ち上げるように打つ
    • 動作を速くした時に、肩を痛めます
  • 肘を伸ばしてボールを打つ
    • 肘が伸びた時に骨が当たるらしく、大きな痛みを伴います

打ち方を変えようと動画を色々見た所、ボールを投げるように打つ事に辿り着きました。元々スクールでもこう教えてもらったのですが、いつの間にかフォームが変わっていったのでしょう。この打ち方では全く痛みを感じません。

終わりに

テニスもある程度経験を積むと、勝ち負けに拘るようになります。その時、悪いフォームで力任せに打っていると、必ずどこかを痛めます。

私はフォームを改善したおかげで痛みを感じなくなりました。ゲームをしていて遅れを取る事も多いですが、やはり健康が第一ですからね。

以上、参考にしてみて下さい。