HOME
Life
外相捨て台詞における報道と真実
カテゴリー
Life

外相捨て台詞における報道と真実

公開日:2020年9月8日
最終更新日:2020年9月8日

茂木外相が記者会見の場で差別的な発言をしたと問題になっています。twitterでも色々意見があります。しかし、報道が真実を伝えているとは限りませんし、twitterの意見も偏っているように感じます。そこで、実際の映像を見てみました。

  • はじめに
  • 捨て台詞に至る経緯
  • 実際の映像を見ると印象が違う
  • 終わりに

はじめに

茂木外相が記者会見の場で、ジャパンタイムズの大住マグダレナ記者とやり合ったそうです。やりとりの最後に言った、”日本語、わかっていただけましたか”という発言が物議を醸しています。

報道では、茂木外相の差別的発言、無礼な発言というふうになっています。twitterでは茂木外相酷いという意見から、差別的な意図は無い、とする意見もあります。

一体何が真実か分かりませんね。有名人やメディアの意見を鵜呑みにするのは怖いですからね…。

捨て台詞に至る経緯

そもそもどういう質問がされていたのでしょうか。外務省のホームページに記事録がありました。

【ジャパンタイムズ 大住記者】2点お伺いします。入国規制が、外国人を対象にした入国規制が緩和される方向であるというふうに伺っているんですけれども、その方向性の中には、在留外国人は日本人と同じような、それに似たような条件で入国が認めるようになるかというその方向について、それは1点で、2点目はそもそも論として、この在留外国人を含めた規制は、特に在留外国人を対象にした入国規制は、どういった、その背景になった科学的な根拠を具体的に教えてください。

【茂木外務大臣】まずこういう在留資格を持つ方々、今、日本にいらっしゃる、もしくは在留資格を持っていったん海外に出られている方、そういった方々の入国もしくはその再入国を認める方向で、今、最終調整をしているところであります。  そしてこれは、日本に限らずあらゆる国が、今、新型コロナウイルスの中で、水際措置、これをとっている状況であります。それぞれの国によりましてやり方は違ってくるわけでありますけれども、まさにそれは各国の感染症対策であったりとか主権に関わる問題でありまして、各国がとっている措置、日本としても適正な措置をとっていると考えております。

【ジャパンタイムズ 大住記者】すみません、科学的な根拠について。

【茂木外務大臣】What do you mean by scientific?

【ジャパンタイムズ 大住記者】日本語でいいです。そんなに馬鹿にしなくても大丈夫です。

【茂木外務大臣】馬鹿にしてないです。いや、馬鹿にしてないです。全く馬鹿にしてないです。

【ジャパンタイムズ 大住記者】日本語で話しているなら、日本語でお答えください。科学的な根拠の、同じ地域から日本国へ、日本国籍の方が外国籍の方と一緒に戻られて、全く別の条件が設けられ、その中には例えば事前検査だったり、同じ地域に住んでいるところから、全く別の条件で入って、入国が完全に認められないケースもあったんですね。それに関しては、その背景に至ったその違い、区別を設ける、その別の条件を設ける背景になった、背景にある科学的な根拠をお聞きしています。

【茂木外務大臣】出入国管理の問題ですから、出入国管理庁にお尋ねください。お分かりいただけましたか。日本語、分かっていただけましたか。

外務省、茂木外務大臣会見記録、2020/8/28

この文章を見ると、確かに酷い対応に見えますね。突然、英語で聞き返し、最後に捨て台詞を言う。

実際の映像を見ると印象が違う

ところが、このやり取りを動画で見ると違う印象を受けます。このやり取りはyoutubeで見ることが出来るので、皆さんも見てみて下さい。

まず、記者の方の日本語はネイティブレベルではありません。そのためか、何を話しているのか分かりにくいです。外相も内容をあまり理解出来ていない印象です。

おそらくですが、外相は一旦理解できた範囲で答えています。次の質問の科学的な根拠についてはおそらく内容を理解出来ていなかったのでしょう。そのため、質問を理解するために英語で聞き返しているような気がします。

しかし、記者の方はこれに反発していますね。馬鹿にするなと。この段階では、外相にそのような意図はないと断言できます。質問に答えるために、質問の意図を聞きたかったのではないでしょうか。

ただし、最後の”日本語わかっていただけましたか”、は明らかに余計な一言ですね。上手くコミュニケーションが取れないので、少しイライラしていたのではないでしょうか。

終わりに

そもそもですが、言葉が出来ないのは差別に含まれるのでしょうか。例えばロシア人に対してロシア語で質問して、向こうが最後に”分かった?”、と言っても差別的には思えません。

問題は、両者の意識の違いかもしれませんね。外相からすると記者の方は日本語が話せない。記者の方は日本語が話せると思っている。

日本語が出来る人に対して、”日本語分かる?”、と聞くのは差別的な気がします。相手の知性を攻撃している印象ですからね。いずれにせよ、イライラして余計な一言を言ってしまったのは外相のミスですよね。

アラフォーの皆さんも、余計な一言にはお気を付け下さい。