1. TOP
  2. > Job
  3. 職歴の詐称が多い?

職歴の詐称が多い?

公開日:2020年12月3日 最終更新日:2020年12月3日

2020年、IT人材会社のスカイテックが職歴詐称でニュースになっていました。職歴を詐称した技術者を企業に派遣していたらしいです。派遣会社に限らず、色々な場面で職歴の詐称は多いですよね。

はじめに

今回問題になったスカイテックの職歴詐称疑惑。スカイテックは派遣会社で、自社の社員を企業に送り利益を得ています。送る際は書類選考や面談があると思いますが、その際に技術者の職歴を詐称していたのでしょう。

ネットで職歴詐称について調べると、平気で職務経歴書を詐称して応募してくる人がいるそうです。企業側も騙されたくないと思いながらも、実際は詐称に気付けないようです。面接で見抜くという案を見ましたが、書類選考は突破出来てしまうみたいですね。

職歴の詐称が多い?

職歴の詐称が世の中に蔓延っているとの事ですが、おそらく、多くの場合詐称している意識がありません。また、どこまでが職歴詐称かと言うと定義が難しかったりします。

例えば、持っていない資格を持っていると書くのは詐称です。出身大学を偽るのも詐称になります。では、成果を書くときはどうでしょうか?おそらく話を大きくして書くのではないでしょうか。

転職エージェントや派遣会社が職歴を詐称?

私は現在転職活動中です。また、以前に派遣会社にいた事もあります。どちらも職務経歴書を使って、応募先、派遣希望先の書類選考を受けます。

この際、転職エージェントや派遣会社に添削されます。添削は誤字脱字に始まり、仕事内容にも及びます。私は下記のような事を言われました。

エージェントや派遣会社からすると、書類選考で落ちている様では話になりません。確実に通る必要があります。興味を持ってもらうため、あまりやっていない内容でも書いておく必要があるのでしょう。同時に、なるべく大きな内容にする事を求められているような気もします。

これらは完全には詐称と言えない内容ですよね。大きく書いているだけで嘘ではないですし。ですが、企業側からすると受け入れ後に詐称と思うかもしれません。ここに認識のずれがありますよね。

終わりに

職歴詐称とまでいかなくとも、大なり小なり職務経歴書は修飾されます。そして、書類選考を突破します。面接で上手く見抜いていくしかないのでしょう。

ただし、例え職歴を多少詐称していたとしても、その後の働きが良ければ不問となる気がします。立派な経歴で能力不足よりも、経歴が嘘で能力が高い方が現場では重宝されそうですよね。

以上、参考にしてみて下さい。