1. TOP
  2. Job
  3. 職場にいる偉そうな人を避けるには

職場にいる偉そうな人を避けるには

公開日:2021-04-11 最終更新日:2021-04-11

サラリーマンはストレスが溜まります。中でも最もストレスを感じるのは人間関係です。皆が皆穏やかな人なら良いのですが、攻撃的な人や偉そうな人がいると強いストレスが掛かりますよね。彼らはなぜそのような振る舞いをするのでしょうか?そこに彼らを避ける方法が隠されています。

職場にいる偉そうな人

上司でもないのに同僚に指示を出す人。頼んでもいないのに不要な情報を教えてくれる人。あるいは、威圧的に会議に参加している人…。職場には色々なタイプの偉そうな人が存在しています。彼らがなぜそのように振る舞うかと言うと、そうした方が彼らの評価が上がるからです。

偉そうに指示を出す人はマネジメント能力がある様に見えますよね。また、色々と情報を教えてくれる人は面倒見がいいように映ります。威圧的な人も、場合によっては交渉力があるとみなされます。

彼らの多くはサラリーマンとしての出世を考えながら行動しています。競争の世界です。そこに、私のような競争心の無い人がいると、たちまち彼らの餌食になります。色々とお願いされる事が多くなり、仕事が無駄に増えていきます。勿論、ストレスも掛かります。

お願いは無視して良い

サラリーマンは真面目な人が多いです。色々とお願いされると、つい誠実に応えたくなりますよね。しかし、全部に応えるのは止めた方がいいです。毎回お願いを聞いてきたら、おそらく次回もお願いされます。

勿論、偉そうな人が上司なら応える必要があるでしょう。ですが、そうでないものは全て無視しても構いません。それでは角が立つ、と言うなら30%だけ聞くようにしましょう。あまりやってくれない人と認識されたら、彼らは別の人にお願いします。

偉そうな人に合わせなくて良い

また、色々と情報を教えてくれる人に対しても取り合わなくて良いかもしれません。彼らに合わせて話を聞いていると、自分の時間が無くなります。仕事をしながらなら聞いてあげてもいいかもしれませんが…。少なくとも、誠実に聞く必要はありません。

威圧的な人に対しても同様です。相手に合わせてヒートアップしてはいけません。淡々とこちらの主張を述べるようにしましょう。こちらの主張が正しければ、いずれ向こうは諦めます。こいつは押しきれない、となると、次回以降の会議が少しは楽になります。

終わりに

職場にいる偉そうな人達は、自身の評価のためにそのように振る舞っています。身勝手と言えばそれまでですが、会社員として働く以上正しい姿なのかもしれません。ですが、わざわざそれに付き合う必要はありません。向き合っているとこっちが参ってしまいます。彼らの発言や所作に反応する必要は無く、淡々と自分の仕事をするようにしましょう。

以上、参考にしてみて下さい。