1. TOP
  2. > Job
  3. 失業保険受給中にフリーランスの仕事

失業保険受給中にフリーランスの仕事

公開日:2020年12月3日 最終更新日:2020年12月3日

現在、失業保険を貰っています。同時に、細々とフリーランスの仕事もやっています。失業保険受給中にフリーランスの仕事をした場合、申告する必要がありそうです。

はじめに

先日、派遣社員を辞めました。早速エージェントで転職活動を開始しましたが、中々仕事が見付かりません。やはり、本来在籍中に次を決めておいた方がいいんでしょうね。

ひとまず、ハローワークで失業保険の手続きを行いました。失業保険の手続き自体はすんなりと出来ました。

失業保険の手続きには離職票が必要

ただし、失業保険の手続きには離職票が必要です。失業保険には待機期間があるため、出来るだけ早く離職票を手に入れて手続きを行った方が良いです。必要書類を下記に載せておきます。ハローワークのページ

なお、ハローワークからも説明がありますが、手続き当日、手続きから7日間は働いてはいけません

失業保険受給中にフリーランスの仕事

さて、無事に手続きから7日が経過しました。後は転職活動をしつつ、毎月1回ハローワークに行くことになります。

ここで、フリーランスの仕事の扱いを聞いてみました。フリーランスの仕事も必ず申告してほしいとの事です。私はランサーズでたまに仕事をしているため、時間と金額を申告するようにしています。ランサーズでフリーランスになれるか?

例えば金額が少ない場合、申告する必要も無さそうな気がしてきます。確定申告が不要な金額ってありますしね。それでも、必ず申告してほしいそうです。従いましょう。

なお、金額が多くなれば毎月の受給額から差し引かれると思うのですが、私は今の所差し引かれていません。私の場合、1日当たりの時間は4時間以下、金額も1回5,000円以下です。共に少ないからかもしれませんね。

終わりに

初めて失業保険の手続きをする方は、色々と集める書類も多く戸惑うかもしれません。特に離職票は中々会社から送られてこないので、焦りも生まれますよね。

受給が始まってからは、毎月どのくらい働いたかを正確に記入する必要があります。アルバイトの方もフリーランスの方も、必ず申告するようにしましょう。

以上、参考にしてみて下さい。