1. TOP
  2. Life
  3. 歯科衛生士を辞めたい人は多いらしい

歯科衛生士を辞めたい人は多いらしい

公開日:2021-03-21 最終更新日:2021-03-21

私は年に何回か歯医者に行きます。目的は定期検診です。虫歯になりやすいこともあり、若い頃から定期検診だけは行っていました。綺麗な歯科衛生士さんにも会えますしね。ところが、この歯科衛生士さん。辞めたいと思いながら仕事をしている人が多いそうです。

歯科衛生士を辞めたい予想以上に多い

ネットで記事を見ると、予想以上に歯科衛生士を辞めたい人が多いようです。一体なぜでしょうか?基本的には普通の会社員と同じような理由です。人間関係やお医者さんとの不仲が多いようですね。また、歯科衛生士は慢性的に人手が足りないそうです。1人に掛かる負荷も大きく、拘束時間も多いみたいですね。

ブラック企業、ホワイト企業で言うと、歯医者さんの職場環境はブラック寄りなのかもしれませんね。

ブラックが故に若い女性が多くなる

しかし、利用者としては嬉しい部分もあります。経験者が辞めやすいからか、歯科衛生士さんは若い女性が多いです。私が行っている歯医者さんも若い女性ばかりです。また、清潔感を重視されるからか、綺麗な女性が多いですね。時代も変わったものです。子供の頃に行っていた歯医者さんには、若くて綺麗な女性は1人もいませんでした。

とはいえ、若いから能力や経験が無いかと言うと、そうでもありません。才能なのか分かりませんが、腕の良い歯科衛生士さんはいます。虫歯の検知や処置が上手い人なら、若くても安心して診てもらえますよね。

利用者としてはやめてほしくない歯科衛生士さんもいる

とはいえ、やはり腕のある人ほど環境に満足出来なくなるのでしょうか?すぐにいなくなってしまうんですよね…。出来れば良い歯科衛生士さんには長く勤めてほしいのですが。というのも、定期検診ではほとんど歯科衛生士さんが処置をします。虫歯チェック、レントゲン、クリーニング。勿論、虫歯は歯医者さんもチェックしますが、ほとんど関わらずに検診が終わります。

たまに人手不足なのか、歯医者さんが直接検診とクリーニングをやってくれることがあります。しかし、検診はまだしもクリーニングは上手じゃない事が多いです。口の中が痛かったり、水が溜まって苦しかったり、うがいのタイミングが悪かったり…。歯科衛生士さんの方が安心して任せられます。

終わりに

歯科衛生士さんは若くて綺麗な人が多く、それだけで癒しになります。また、定期検診に関しては歯医者さんより処置が上手い人が多いです。利用者としては、職場環境が改善され、長期で働く人が増える事を願うばかりです。

以上、参考にしてみて下さい。