1. TOP
  2. Life
  3. スクリューバックの電池交換は工具を買った方が遥かに安い

スクリューバックの電池交換は工具を買った方が遥かに安い

公開日:2021-04-17 最終更新日:2021-04-17

ずっと使っていた腕時計の電池が切れました。簡単に自分で出来るのかと思いきや、特別な工具が無いと出来ないようです。とはいえ、お店に頼むと500円から1000円くらいお金が掛かるんですよね…。

スクリューバックの電池交換手順

スクリューバックの裏ブタは、それそのものがねじです。そのため、外すためには特別な工具が必要となります。工具さえあれば爪に引っかけて簡単に外す事が出来ます。ちなみに、ボールを使えば簡単に外せる、という記事を見ますが、取り付け時に結局工具が必要となりますよね…。

下記は手順です。フタを外す前にベルトを外すとやりやすいようです。

  1. ベルトを外すため、時計のバンドからピンを抜く。時計を固定台に置き、ハンマーで叩いて取り出すのが一般的。
  2. 工具でスクリューバックを外す。爪に引っかけて回すだけ。
  3. 電池を交換する。

工具を100円均一で買うかamazonで買うか

自分で外すためには工具が必要…。ひとまず100均に無いか探してみました。実際、ネットで調べると100均の電池交換工具の情報が出てくるのですが、私が行った5店舗にはありませんでした。あまり流通していないのかもしれません。ただし、固定台やバンド外し工具はありました

amazonで見てみると500円で売っているオープナーがありました。これとさっきの工具を合わせると、100円+500円です。ただし、どうせamazonで買うならバンド外しも一緒になっているものがいいですよね?工具セットは1000円から2000円くらいするようです。一番安いものを探すと700円の工具がありました。これなら、100円均一併用のものとほぼ同額で買えますね。

作業は本当に簡単

なお、実際に作業をしてみると、あまりの簡単さに拍子抜けします。これで500円から1000円も取っているんですね。勿論、お店でやる場合は防水性等に気を付けているのでしょう。とはいえ、これくらいの作業なら人任せにせず、自分でやってみても良いかもしれません。

終わりに

500円から1000円程度もする腕時計の電池交換。勿論、プロと素人では技術に差があると思います。それでも、作業の容易さを考えると、絶対に自分でやった方が良いです。工具も1000円以下で買えますしね。

以上、参考にしてみて下さい。