自宅トレーニング(凝視すると一時的に視力が回復する)

長年の夢である視力回復について、少し進展したかもしれません。

視力回復についてのトレーニングサイトやインターネット情報を見ると、本当に数人ですが回復したという人がいます。医学的には一度視力が固定してしまうと元に戻らないそうですが、回復達成者を見ると希望があるのではと考えてしまいます。

インターネットを見た中で、見えそうで見えない対象を見続けると回復する、という方法がありました。私は3年前からこの方法を試しているのですが、視力は全く回復していません。そもそも見えそうで見えないという部分も良く分かっていませんでした。

そこで、見えているものを凝視してみました。具体的には本に書いてある文字をじっと5分くらい見つめてみました。すると、だんだん見ている文字以外のものが白くなっていきました。これは網膜が刺激に慣れておきる現象だそうです。

そして、視点をずらしてみると明らかに視力が上がっていました。ただし、ほんの数分で戻りましたが。

少しの間この方法を試してみようと思います。

1.本の文字などを5分間凝視する

2.だんだん網膜が刺激に慣れて視界が白くなってkる

3.視点をずらすと明らかに視力が上がっている

4.ただし数分で戻る

企業が戦略として口コミやインスタグラムを素人に依頼

最近インスタグラムについての海外の番組を見ました。内容は下記です。

・消費者は企業のコマーシャルよりも口コミ情報を信じやすい

・そこで口コミ(インスタグラム)を使った広告にシフトしてきており、その場合多くのフォロワーがついている方が有能な広告社と企業に見なされる

・しかし、フォロワーはとても安いお金で買える

・最近はフォロワーが本物かお金で買った偽物かを判別するソフトがある

ここで、口コミ情報の方が信じやすいというのはとても納得しました。

企業のCMは如何にも私達に商品を買わせようとしており、時に悪いものを売ろうとしているのではないかと錯覚してしまいます。そもそも商品に広告宣伝費が明らかに乗っている部分も良く思えません。広告費を払っている感覚になるためです。私たちが多くの宣伝費を掛けている商品を嫌う理由です。

これに対して口コミは、実際に使ってみてよかったというより身近な体験談として、説得力がある宣伝効果があります。私も検索するときも割と多くの人の意見を見たいと思い、10件くらい見ています。口コミはまるで金銭が発生していないかのように考えてしまっているのが原因です。

しかし、実際に口コミやインスタグラムの投稿に依頼者の指示が入ることもあるようでした。つまり、レビュー記事や体験談は当てにならないということです。では何を当てにすればいいのでしょうか。なんだかんだで売れている製品がいいのかもしれません。それか、明らかに悪い製品に対して何かしかのレビューがあればすごくありがたいです。

Windowsphone 10mobile MADOSMA Q501Aのメモリ開放(仮想メモリの増やし方手順)

Windowsphoneのメモリ開放ソフトを探したのですが、ありませんでした。

しかし、下記の方法で256MBだったMADOSMA Q501Aの仮想メモリを768MBに増やせました。

あまり詳しくないため、3日間以上掛かりました。

そこで、私が行った手順を記しておこうと思います。

なお、xda developersのスレッドを手順の参照にしています。For all other OEM devicesが該当します。

Interop Tools – A versatile registry app for… | Windows 10 Mobile

 

手順 

Windows phone操作1

  • 開発者モードにする。
  • ストアからinterop tool(store)をインストールする。
  • interop toolを(through the provider extensions)で立ち上げる。
  • 下記Get NDTK…図のようにリンクを進み、extension NDTKを入手し、インストールする。interop toolのCore>ExtensionsのRegistry providersに追加される。
  • Unlock>interop unlockで”Allow the installation of NTDK…”を押して、再起動させておく。
 

PC操作

  • パソコンでxdaのサイト(Interop Tools – A versatile registry app for… | Windows 10 Mobile)からWP_CPTT_NT-x86-fre, ndtk_spkgsの2つのzipをダウンロードする。 
  • WP_CPTT_NT-x86-freをインストールする。C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Tools\bin\i386にあるiutool.exeをC:\Windows\System32に移す。
  • ndtk_spkgsは解凍してデスクトップなどに置いておく。
  • PCとwindows phoneをUSBケーブルで繋ぐ。
  • 管理者としてコマンドプロンプトを開き、C:\windows\system32>の後に、iu tool .exe -v-p c:\xxxと入力する。 c:\xxxは解凍したndtk_spkgsのフルパスを入力する。
  • spkgsが転送され、windows phoneのupdateが起きる。結構時間が掛かる。

Windows phone操作2

  • interop toolを(through the provider extensions)で立ち上げる。
  • Unlock>interop unlockで”Restore default manufacturer”を押して、再起動させる。再度、interop toolを(through the provider extensions)で立ち上げる。
  • Unlock>interop unlockをONにする。
  • Registry>Registry editorで、REGISTRY HIVEをHKLM(default)、REGISTRY KEY PATHをsystem\currentcontrolset\control\session manager\memory management\、REGISTRY VALUE NAMEをpagingfiles、と入力する。
  • Read Dataを押すとREGISTRY VALUE DATAに256 256と値が出る。
  • 256の部分を768にして、再起動させる。
 

はてなぶろぐからwordpressへの移行を2019年に実施

表題の通り、はてなブログからwordpressに移行をしました。3日掛かりました。まだ格好が悪いですが、これから格好よくしていきたいです。ちなみに、やったことは下記となります。

  1. さくらのレンタルサーバーを契約し、はてなブログで使っている独自ドメインを登録する。その後、登録したドメインにwordpressをインストールする。
    • このとき、初期ドメインにwordpressを入れると、後で設定する表示URLの変更が上手くできませんでした。インストールのやり直しをすることになりました。そのため、独自ドメインにインストールした方がいいです
  2. はてなぶろぐから記事をexportして、wordpressにinportする。
  3. wordpressの表示URLを独自ドメインに変更して、パーマネントリンクにentryをつける。これは、はてなブログが独自ドメイン/entry/~になっているためです。
    • このとき、wordpressアドレスを変更するとwordpressに入れなくなります。サーバーのファイルを変えれば入れますが、面倒です。表示URLのみ変更してください
  4. はてなぶろぐから独自ドメインを削除する。

以上で、移行は終了です。その他、必要に応じてプラグインのインストールやアドセンスの設定をすることになります。

  • セキュリティとsslのプラグインは入れた方がいいとのことで、入れました。また、サイトマップ生成やアドセンス登録に使うものも入れています。
  • アナリティクス使用のため、headにアナリティクスのコードを入れました。
  • サーチコンソールやbingウェブマスターはサイトマップを修正しました。ここは反映されているのかどうか、よく分かりません。
  • AMPは諦めました。出来ればやった方がいいらしいです。
  • アドセンスは自動広告のみで、プラグインを使って行いました。

勝てない株のやり方(半年で-¥200,000)

仕事を辞めてプラプラしている時に、なんとはなしに株を始めました。ただし、短気ではなく長期に持つこと前提です。配当などで小金が入ることを狙いました。
しかし、買ってからというもの、ずっと下がり続けています。すでにマイナス20万です。売ったら確定してしまうため、売れません笑。
とはいえ、何かトレード方法を情報を学んでもみんなマイナスになってるみたいなので、このまま特に勉強せず続けようと思います。損切りのやり方だけは早く知っていればよかったと思います。

ちなみに、私のやり方ですが、
・配当のいい企業を買う
・有名な企業を買う、安定してそうなため
・知っている企業を選ぶ、意味はない
・悪いニュースの出た企業は割安になるかもしれないので買う
・チャートを見て上がりそうな雰囲気なあれば買う

株価が上がりそうな雰囲気は特にわかりません。雰囲気です。

自宅トレーニング(老眼鏡を掛けると一時的に近視が回復する)

以前の記事で雲霧法というものを知りました。ピントを合わせずにぼーっとみると視力が回復するというものです。

これに似ているのですが、老眼鏡をかけて物を見ていると視力が回復します。5分でも10分でもいいので試してみてください。今までピントが合わなかったものに合うようになります。

ただし、30分ほどかけていると目に痛みが出ました。痛みが出たのは視力が低い方です。少しずつやっていった方がいいのかもしれません。

ロシア語は日本人にとってとても難しい?

今年は語学の勉強に力を入れようと思います。中国語は勉強中です。

中国語に引き続き、ロシア語もNHKのテキストで勉強を始めました。しかし、中国語に対して段違いに難しいです。中国語は何となく意味が分かりますが、ロシア語は全く分かりません。教科書の丸暗記がいいと思いますが、発音がわからず、全然暗記できません。

とりあえず年末までは続けようと思います。

Я начинаю изучать русский язык. Я использую текст NHK.
я думаю русский язык очень сложный. потому что произношение не легко. и я не могу поймать значение слова по буквам.
Кстати, я собираюсь учиться до конца этого года

テニススクールは高い、お金の無駄

最近はすっかり暑いです。今日はテニススクールについて考えたいです。

数年前からテニススクールに通っていました。真ん中より下のクラスです。得られたこともあり、失ったものもあります。失ったものは主にお金ですが。

普段、仕事をしているときは費用対効果を考えると思います。ところが趣味のことや生活の局面では、往々にしてこれを考えません。仕事で頭を使っているので、普段は何も考えずやりたいことをやりたい、という考え方です。

しかし、私も年齢的にこのままお金を垂れ流すのはどうかと考えてきました。全く何も考えず、テニスをしたいがためにスクールに通う。これはこれでいいお金の使い方だと思いますが、代替方法はないのか、など。とりあえず、少しまとめてみることにしました。

スクールで得られたこと

  • テニスの技術。たしかに打てるようになります。
  • テニスを一緒にできる仲間。たまに誘ってもらえますし、飲み会などもあります。
  • 異性との出会い。結婚したりする方もいるそうです。私は年齢、容姿のせいか何もありませんでしたが。
  • ストレス発散。運動をするとストレスが軽減されます。
  • 会社以外の人間関係。これも精神的な安定に必要です。
  • 定期的にテニスができる環境。お金を払っているので、基本的に何も気を遣わずにテニスができる環境が用意されています。
失ったこと
  • お金。月¥13,000として、5年間で¥13,000×12か月x5で¥780,000
  • 時間。一回80min、移動合わせて2時間として、5年間で2x12x5で120時間。これは大学の講義換算(90min)で80コマに当たります。

この¥780,000、120時間に見合うものがテニススクールにあるのか、が考えるべきポイントだと思われます。

結果、私は割高だと思いました。

ふと思うのは、私はいつまでスクールを続けるのかということです。この先10年続けるとなると、更に¥150万くらいお金がなくなることになります。私の今の経済力でこのお金はかなり厳しいです。

ただし、代替案としてのテニスサークルは中々難しいのではないかと考えています。サークルだと今までのように好きな時だけ行く、というのがやり辛い気がしています。また、人間関係を作るのが苦手な私にとって、一癖も二癖もあるサークルメンバーとの打ち解けに時間が掛かる気がしています。

何にせよ、お金を掛けずにテニスが出来る方法を模索しようと思います。

中国語がどれくらい伸びるか実験

最近、街に中国語を話す方が多いです。また、職場でもたまに中国の方がいます。コミュニケーションが取れたら面白そうですし、現在アルバイトのような仕事をしている私がいい待遇で企業に入れるきっかけになるかもしれません。

そこで、NHKのテキストを使って中国語の学習をしたいと思います。ルールは下記です。

  • 一日15分NHKのテキストを使ってラジオを聴く。
  • 期間は2019/7/1~2019/12/31とする。
  • 目標は日常会話が出来ること。
  • 時間をみてテキストを丸暗記するようにする。
上記は超勉強という本に書いてあった語学の学習方法です。丸暗記するといいらしいです。まずは半年間、中国語で実験です。

雲霧法で視力回復?

最近また視力が悪くなってきました。今の仕事はパソコンを使うことが多く、一日中パソコン作業をする日もあります。感覚的に、パソコンやテレビなどをずっと行うと近視が進行する印象があります。ただし、仕事なので止めることができません、、、

以前の記事で視力が回復するかも、と思ったのですが中々実践出来ておりません。

そこで、何か簡単に視力回復につながるものはないかと検索してみました。

やはり一番に出てきたのは、遠くを見ること、です。パソコン作業をしたのなら疲れた段階で少し遠くを見ると視力悪化の予防になるらしいです。

後、新しく知ったものに雲霧法というものがあります。Wikipediaにもありました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/雲霧法

あえてピントを合わさないのが視力回復につながるという話です。これと同じ理屈で、暗闇でライトを見る、という方法もあるそうです。

これまで調べたものをまとめてみます。実体験として確認しているのは注視だけです。

  1. まず近くを見ると視力は悪化する。遠くを見る状態が人間にとって普通であり、近くを見ることは色々な器官に無理をさせている。
  2. 無理が続くと生体がその状態に適応させようとし、近くを見るのが正常な状態になるよう器官を変形?させる。
  3. これらを元に戻すためには基本的に遠くを見る。変形が戻るのか調節力が戻るのかは不明。
  4. 一点を注視すると一時的に視力が回復する現象が起きる。これは確認済み。
  5. ピントを合わせない状態にすると目が休まり視力回復につながる。雲霧法や暗闇で光を見る方法。