1. TOP
  2. Tech
  3. 音声認識だけでブログの文章を書くのは不可能

音声認識だけでブログの文章を書くのは不可能

公開日:2021-01-20 最終更新日:2021-01-20

最近、音声認識でブログの文章を書く人がいるそうです。ネットで調べると、沢山記事が出てきました。野口悠紀雄先生も本でこの方法を薦めています(amazoの話すだけで書ける究極の文章法のページ)。果たして、これを使えば本当に効率的に文章を書けるのでしょうか?そして、ブログ記事の作成が楽になるのでしょうか?今回の記事でトライしてみました。

音声認識だけでは文章を書けない

結論を言うと、音声認識だけで文章を書くことは不可能です。誤字脱字がそこら中に起きますし、漢字にしたい部分がひらがなになったりします。読点や句読点も、わざわざ口で「読点」、「句読点」、と言わないと文章化してくれません。

とはいえ、音声認識を使うと文章を書くのが楽です。特に長文であれば、タイピングと同じかそれよりも早く文章が出てきます。校正作業は必須ですが、タイピングで作っても校正しますしね。

音声認識の校正項目

音声認識の欠点をカバーするため、校正には下記に気を付けるようにします。前提として、読点や句読点などの記号は作らず、文章だけを喋るようにします。

正しい文章を喋る訓練になるかも

音声認識の副作用とも言えるのですが、正しい文章を喋る訓練になるかもしれません。校正時の作業量を減らそうという意識が働き、正しい文章を喋ろうとするようになります。

音声認識でこの記事を書いていますが、第1段落よりもこの第3段落の方が文章の修正が少ないです。使い続ければ、綺麗な文章を話せるようになれそうです。

終わりに

音声認識を使えば、タイピングよりも効率的に文章を作れます。ただし、まともな文章にするには校正作業が必須で、これだけで完結するのは不可能です。それでも、タイピングが余程得意な人以外にはおすすめできる方法と言えるでしょう。

以上、参考にしてみて下さい。