1. TOP
  2. Job
  3. 入社時の戸籍謄本や住民票の提出は不要らしい

入社時の戸籍謄本や住民票の提出は不要らしい

公開日:2021-03-09 最終更新日:2021-03-10

もうすぐ4月、異動の季節です。新卒の皆さんは待ちに待った就職ですし、既に会社員の方も、ボーナス明けである1月から3月に転職する人が多いでしょう。ところで、入社時に戸籍謄本や住民票を提出させられることがあります。どうやら、これらの書類は出さなくても良いらしいです。

入社時に戸籍謄本の提出を求められた

私は過去に転職経験があります。何社目かの会社の時、入社時に戸籍謄本を求められました。今までは必要なかったのに、何故必要なのかと違和感を持ちました。戸籍謄本を出す意味が分からない…。今まで住民票の提出で丸く収まっていましたからね。

とはいえ、会社に求められたら出すしかないのでしょうか?まずは戸籍謄本を出す必要性はあるのかどうか、調べてみることにしました。

色々と見ていると、会社は戸籍謄本のみならず、住民票も提出させるべきではないそうです。個人情報保護の観点でそのような指導があったようです。東京労働局のページで検索すると、住民票や戸籍謄本の代わりに住民票記載事項証明書を使う様に書いてあります。

このドキュメントで自信をつけたため、思い切って会社に記載事項証明書で良いか聞いてみました。少し時間が掛かりましたが、記載事項証明書でも良いという返事を貰え、無事入社出来ました。

記載事項証明書は住民票のような物

しかし、記載事項証明書と聞いてすぐにわかる人は少ないかもしれません。アラフォー世代にはあまり馴染みが無いような気がします。私も調べるまでこの書類を知りませんでしたしね。

そもそも記載事項証明書とはどういう書類なのでしょうか。調べてみると、一癖ある書類でした。

実際に市役所で発行してもらいましたが、私は市役所のフォーマットを使ったせいか、ほとんど見た目は住民票と変わりませんでした。

終わりに

会社にあれ出して、これ出して、と言われると、つい何も考えずに提出してしまいますよね。その中には、今回の戸籍謄本や住民票のような個人情報が掛かれている物も存在します。勿論、滅多なことでは流出しないと思いますが、今は人の流動も多いですし、どこで情報が漏れてしまうか分かりません。自衛の意味でも慎重になった方が良さそうです。

以上、参考にしてみて下さい。