HOME
Life
日光の過敏症を対策したい
カテゴリー
Life

日光の過敏症を対策したい

公開日:2020年10月18日
最終更新日:2020年10月18日

アラフォーの皆さんは日光で皮膚に湿疹が出来た事はありますか?最近、日光を浴びると皮膚が炎症を起こします。湿疹と痒みの症状です。過敏症なのでしょうか?何とか対策したいところです。

  • はじめに
  • 日光の過敏症の種類
  • 日光の過敏症を対策
  • 終わりに

はじめに

最近テニスをしています。(アラフォーがテニススクールで出会い?)。結構暑い日もやっていたのですが、当日、翌日くらいに皮膚が炎症を起こすんですよね。湿疹と痒みの症状で、結構辛いです。

ネットで調べた所、光線過敏症というものがあるそうです。(NIKKEI STYLEの光線過敏症のページ)。この年齢になるまで知りませんでした。

日光の過敏症の種類

ところで、光線過敏症の種類には下記があるみたいです。私の場合はおそらく多形日光疹です。

  • 多形日光疹
    • 少し遅れて湿疹とかゆみが出る
    • 紫外線が原因
  • 日光じんましん
    • すぐに皮膚にみみず腫れが出来る
    • 日光が原因
  • 薬剤性光線過敏症
    • 飲み薬や湿布などを使用中に日光を浴びると、顔や首に日焼けのような症状が出る
    • 薬が原因

日光の過敏症を対策

さて、光線過敏症の対策ですが、基本的には日光を浴びなければ症状が起きないそうです。私の場合は明らかにテニスが原因なので、テニス中のケアについて対策を考えました。

幸いにも私の場合は紫外線が原因だったため、以下の対策を行いました。これだけでも全く症状が出なくなりました。

  • 紫外線が強い時間帯は外に出ない
    • 紫外線は10時から15時くらいまでが最も強いらしいです。この時間での屋外の運動は避けたほうが良さそうです。
  • 長袖や帽子の着用
    • テニス中は長袖、さらに帽子を着用する事にしました。
  • 日焼け止めを塗る
    • 顔や首には日焼け止めを塗ります。

これらは普段の生活にも応用出来そうです。例えば、昼間の紫外線が強い時間帯はなるべく家にいた方が良いでしょう。

ちなみに、紫外線が弱い時は外で運動しても問題ないと思います。気象庁のページで簡単に調べられるので、見てみても良いかもしれません。

終わりに

湿疹や痒みがあると、色々と支障を来たしますよね。私はずっと掻いていました。皮膚の疾患は掻くと悪化するんですよね。対策して、湿疹が出来ないように努めた方が良いです。

日光による湿疹に悩んでいる方は、参考にしてみて下さい。