1. TOP
  2. Life
  3. 学校の英語は本当に使えないのか

学校の英語は本当に使えないのか

公開日:2021-10-13 最終更新日:2021-10-13

学校で習った英語は、社会に出てから使えないとよく聞きます。本当にそうでしょうか?アラフォー社会人が考えてみました。

学校の英語は使えない?

学校を出て社会人になると、場合によっては仕事で英語を使うことになります。読み書きに加え、会議に出る人もいるでしょう。そこで、愕然とします。全く英語を使えない事に気が付くためです。

しかし、他の言語を学ぶと分かるのですが、実はかなり学校英語が役立っています。何となく会話が分かったり、翻訳ソフトを使えば読み書きが出来たりするのは、何年間も学校で学んだおかげです。全くやったことの無い言語だと、本当に何も出来なくなります。

これまでやってきた英語学習は、実は役立っていた訳ですね。ただし、学校英語だけだと円滑には使えません。そのため、まるで全く役に立っていないような印象を持ってしまうのでしょう。

英会話はもっと使えない

さて、会社で英語を使えない事に気が付くと、英会話を始める人が出てきます。私もオンラインで学んだ事があるのですが、あまり役には立ちませんでした。勿論、英会話をやっていると勉強した気にはなります。しかし、そこまでです。オンラインの先生とは話が出来ても、実生活の会社の人とは全く会話が出来ません

何故、オンラインの先生とは話せるのでしょうか?やはり、こちらがお客様だからでしょう。会話スピードを合わせてくれますし、こちらの言葉に耳を傾けてくれます。何より、たどたどしい英語でも分かろうとしてくれます。

ところが、実際の仕事だとこうはいきません。聞き取れていないと置いていかれるだけです。また、正確に話を出来ないと、聞く耳を持ってもらえません。

時間を掛けて無料の教材で学ぶ

先に述べたように、すでに私達は学校で基本的な英語を学んでいます。基礎は出来ていると言えます。ここから、英会話スクールなどで基礎を学び直すのは時間とお金の無駄です。

それよりは、無料で沢山の文章を読んだり、沢山の音源を聞いたりした方が安く済みます。思うに、語学の学習には時間が掛かります。お金よりも時間を掛けるようにしましょう。

終わりに

学校の英語を学んだ事で、私達は英語の基礎が出来ています。翻訳ソフトを使えばいとも簡単にコミュニケーションが取れます。

ただし、仕事で使うためには不足している部分もあります。無料の教材で時間を掛けて学んでいきましょう。

以上、参考にしてみて下さい。