1. TOP
  2. > Tech
  3. kindleの個人出版の本は面白くない

kindleの個人出版の本は面白くない

公開日:2020年10月17日 最終更新日:2020年10月17日

アラフォーの皆さんは当然毎月本を読んでいますよね?私もなるべく本を読むようにしていて、主にkindleで読んでいます。最近は個人出版の本もありますが、総じて面白くないですね。

はじめに

kindleで本を探していると、たまに驚異的な安さの本がありますよね。100円や200円で売っています。

ところが、これらの本は質が低い本がとても多いです。だんだんと避けるようになってしまいました。

kindleで個人出版

ところで、kindleの個人出版は簡単に出来るそうです。ウェブで調べると、分かりやすく出版方法が書いてありました。kindle direct publishingのページ

個人出版の本が面白くない

さて、個人出版の本が面白くない理由を考えてみました。全体的に、本の質が良くないのが原因です。また、ユーザーフレンドリーになっておらず、特定のデバイスでしか表示できない本もあります。

これに対し、出版社が入っている本はやはり質が高いです。校閲が入っているだけで大分違うのでしょう。

個人出版の本が売れるには

私は今、出版会社が付いている本しか見ません。格段に質が良いですからね。構造もしっかりしていますし、内容も濃いです。

個人出版の本を売るためには、出版会社と同じように校閲をしっかりやる事が大事かもしれません。そして、もし1つでも売れたら口コミを貰うようにしましょう。悪い口コミは買い手に影響しやすいので、貰わないようにしないといけません。口コミのサイトは嘘が多い

今の時代なら、SNSで著者としての知名度を上げても良いかもしれませんね。知名度が無い場合は海外の人を相手に出版を企画しても面白いかもしれません。

終わりに

内容が薄く面白くない個人出版の本。今は個人出版というだけで避けている人が多そうです。校閲をしっかりやって本の質を上げれば、今よりも買い手が増えると思います。著者としての知名度もあればなお良いですね。

個人出版を企画している人がいれば、参考にしてみて下さい。