1. TOP
  2. Job
  3. 会議の時間が長い職場を変えるには

会議の時間が長い職場を変えるには

公開日:2021-04-11 最終更新日:2021-04-11

サラリーマンをやっていると、一度は無駄に長い会議に参加した事があると思います。結論が出るまでが長く、場合によっては結論が出ずに各自持ち帰ることもあります。また、世間話や歓談に時間が割かれる事も多いです。会議の時間を短くするのは不可能なのでしょうか?

会議の時間が無駄に長い

私は何社か会社を経験していますが、ほとんどの会社の会議は無駄に長いです。会議と言うのは時間を掛けるものの様です。

そもそも、会議の目的は情報共有か方針の決定です。情報共有であればすぐに話が終わりそうですが、世間話や歓談に時間を割き、ダラダラと会議をすることが非常に多いです。また、方針の決定の場合は対立する部署との詰めである程度時間が掛かるのは仕方ないと思いがちです。しかし、実際は権力のある人の一声で方針が決まることが多く、決定権の無い人達でダラダラと話すのは時間の無駄とも言えます。

とはいえ、私も含めて多くの人が諦めています。会議で時間を使うと仕事をしている感覚になる人もいますしね。

会議の時間は短く出来る

しかし、実は会議の時間は短く出来ます。たまにビジネス誌などに載っていますよね。そして、実は私も会議が短い会社で働いたことがあります。そこではプレゼンの時間や会議の時間に制限を設けていました。勿論、お客さんと話をするときは先方に合わせていましたが。

制限時間があると、多くの人は目的達成以外の事に時間を使いません。そんなことをしていたら、会議が終わってしまいますからね。また、プレゼンなどの発言に時間が設けられていると、簡潔に相手に伝えるようになります。どうでもいい質問も出なくなります。

短くするための条件が存在する

ただし、会議を短くするためにはある程度の条件が必要です。私が思う条件は下記の通りで、とにかく権力のある人の心構えが大きい気がしています。実際、会議が短かった会社はトップが会議を無駄だと言っていました。

トップが会議好きな場合、私達が出来る事は無いのでしょうか?おそらく、この場合は中々難しいかもしれません。早く終わらせたくても知恵を振り絞って何か言ってくるでしょう。また、それが奨励されている可能性すらあります。活発な議論とのはき違えです。一つだけ手があるとすれば、強い心を持って仕切ってしまうことでしょう。ただし、下手にやると評価に影響する可能性が高いですが…。

終わりに

多くの人が無駄に長い会議を嫌っている一方で、少数の人は無駄話が好きなようです。しかし、実際に会議が何かを生み出す事はありません。会議で何かが決まる事も無いと言っていいでしょう。会議で決まる前に根回しで決まっているはずですよね。割り切って無駄な会議を受け入れるか、抵抗して強い心で場を制するかのどちらかになるでしょう。

以上、参考にしてみて下さい。