雲霧法で視力回復?

最近また視力が悪くなってきました。今の仕事はパソコンを使うことが多く、一日中パソコン作業をする日もあります。感覚的に、パソコンやテレビなどをずっと行うと近視が進行する印象があります。ただし、仕事なので止めることができません、、、

以前の記事で視力が回復するかも、と思ったのですが中々実践出来ておりません。

そこで、何か簡単に視力回復につながるものはないかと検索してみました。

やはり一番に出てきたのは、遠くを見ること、です。パソコン作業をしたのなら疲れた段階で少し遠くを見ると視力悪化の予防になるらしいです。

後、新しく知ったものに雲霧法というものがあります。Wikipediaにもありました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/雲霧法

あえてピントを合わさないのが視力回復につながるという話です。これと同じ理屈で、暗闇でライトを見る、という方法もあるそうです。

これまで調べたものをまとめてみます。実体験として確認しているのは注視だけです。

  1. まず近くを見ると視力は悪化する。遠くを見る状態が人間にとって普通であり、近くを見ることは色々な器官に無理をさせている。
  2. 無理が続くと生体がその状態に適応させようとし、近くを見るのが正常な状態になるよう器官を変形?させる。
  3. これらを元に戻すためには基本的に遠くを見る。変形が戻るのか調節力が戻るのかは不明。
  4. 一点を注視すると一時的に視力が回復する現象が起きる。これは確認済み。
  5. ピントを合わせない状態にすると目が休まり視力回復につながる。雲霧法や暗闇で光を見る方法。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 8 =