HOME
Life
中学生は塾も進研ゼミも不要かも
カテゴリー
Life

中学生は塾も進研ゼミも不要かも

公開日:2020年7月24日
最終更新日:2020年8月19日

皆さんは塾に行ったことはありますか。また、進研ゼミをやったことはありますか。私はどちらも経験あります。

塾も進研ゼミも、子供より親御さんが熱意を持っていますよね。

ここでは、塾と進研ゼミどちらがより効果が高いのか、それともどちらも不要なのか考えてみました。

  • 中学生の勉強
    • 学校
    • 進研ゼミ
  • 今の環境
    • インターネット
    • YouTube
  • 知識が無料で手に入る時代
    • 費用対効果
    • 一律の授業内容を
  • まとめ

中学生の勉強

学校

私は地方出身なんですが、基本的には学校の勉強が主体だと思っています。東京都内とか都市圏では違うのかもしれませんが。

ただし、学校によっては勉強できない環境もあるらしいですね。また、学校でやっている勉強のレベルでは行きたい高校の入試までカバーしていない、ということもあるかもしれません。

そこで、塾や進研ゼミ。塾も進研ゼミも高校に受かるために行きます。

塾には、学校の授業のように1人の先生に20人くらい生徒がいる形式、1人の先生に5,6人の生徒しかいない形式、など色々あると思いますが、いずれにしても対面で授業が行われます。

メリットはやはり対面ですので、分からないことはその場ですぐに解決できるところです。また、周囲が勉強していると本人もやる気が出るものです。半面、人件費や教室代のせいか授業料は高いです。

進研ゼミ

進研ゼミは塾とは違い、毎月教材が送られてくるのでそれを学習します。通信教育ですね。設備費用や人件費の関係か、授業料も安いです。

デメリットは、分からないところをすぐ聞けません。また、自身が計画的に学習をしないと、未使用教材がどんどん増えていきます。

私の知り合いでも、全くやらずに放置している人が何人もいました。

今の環境

インターネット

アラフォーの皆さんは分かってくれると思いますが、現代は私達が子供のころと比べると大変便利な世の中です。情報の移動が速いですし、物の移動も早くなっています。インターネットのおかげですよね。

現代では、検索すれば何でも答えが返ってきます。例えば分からない専門用語なども、すぐに答えが出てきます。例え勉強が分からなくて周りに聞く人がいなくても、インターネットに答えがあります。

YouTube

さらにYouTubeでは、無料で大学の講義や勉強内容を公開しているものもあります。私はよく語学の勉強のためにYouTubeを見ていますが、効率的に学習が出来ます。

わざわざ勉強する施設に行かなくていいですし、教材を待つ必要もありません。もはや知識だけでは、ビジネスにならないのかもしれません。

知識が無料で手に入る時代

費用対効果

私は英会話スクールが不要だと思っています。インターネットやYouTubeに質の高い学習教材が沢山ありますし、何より英会話スクールの費用が恐ろしく高いですし。

塾や進研ゼミも同様です。子供たちは能動的に学習しないかもしれません。しかし、わざわざ無料で手に入る情報にお金を掛けるのは勿体ない気がします。

一律の授業内容を

中学生のとき、分かりやすい先生と分かりにくい先生がいました。分かりにくい先生の授業は苦痛でしたね。説明が良く分かりませんし、何を要求されているかも分かりませんでした。これは、会社員生活でもよくある光景ですよね。上司が何を言っているか分からないことがよくあります。

先生の質を高め、保つために、インターネットを取り入れるべきです。

中学校が上手くインターネットの教材を取り入れ、学校毎の授業レベルの差を無くしてくれたらいいですよね。全国どこでも一律の内容にしてほしいです。

まとめ

  • 受験のために塾や進研ゼミがある。
  • 今はインターネットでいい教材が手に入る。
  • 中学校の先生がインターネットを取り入れ、学校毎の授業レベルの差を無くしてほしい。