1. TOP
  2. Job
  3. 無職をきっかけにフリーランスサイトに登録したが…

無職をきっかけにフリーランスサイトに登録したが…

公開日:2021-12-10 最終更新日:2021-12-10

ついに会社を辞めた!俺は自由だ!そう思えたのも束の間です。何せ無職ですからね。しばらくすると、お金に困って焦ってきます。でも、組織で働きたくない…。そうだ、フリーランスにチャレンジしてみよう!

無職をきっかけにフリーランスサイトに登録したが…

まずはどうすればフリーランスになれるか調べました。最も良いのは、これまでの伝手を使って仕事をする事だそうです。しかし、私には何もありません。という訳で、フリーランスサイトに登録する事にしました。早速、ランサーズという日本のサイトと、fiverrという海外のサイトの2つに登録しました。

フリーランスが上手くいけば、会社に所属する必要がありません。満員電車もない、会議もない、上司に変な怒られ方もしなくて済む…。なんて素敵な働き方でしょうか!しかし、私の希望など儚いものでした。全く稼げないのです。

ランサーズとfiverrで受注方法が異なりますが、どちらにせよ、まともに金額を設定するとほとんど仕事を受注出来ません。まともな金額って?無茶な金額じゃありませんよ。時給1,000円くらいの設定です。受注するためには、この金額をどんどん下げていかないといけない訳です。

うーん、夢見たフリーランス生活は達成出来そうにないですね。所詮、サイト経由で募集する仕事は小遣い稼ぎレベルの物しかないのかもしれません。本格的にフリーランスをやりたい方は、今までの伝手をフル活用して仕事を貰ったり、自分で営業を掛けて仕事を取ったりと、より積極的に動く必要がありそうです。

フリーランスはトラブルが多い

とはいえ、折角登録したので細々と仕事をすることにしました。時給1,000円以下で仕事をすることにしたのです。何事も経験ですしね。そして、案の定というべきか、トラブルが起きました。

最も多いのは、作業量にお金が見合っていないケースです。明らかに100時間くらい掛かる作業を10,000円や5,000円で発注してきます。まあ、受ける方が悪いのですが…。しかし、あまりにも受注出来ないとこういった案件にも首を突っ込んでしまうんですよね。

後は、途中で何回も追加のお願いをされるケースでしょうか。初めに依頼された内容の倍くらい追加で要求されることもあります。まともに付き合っていると、身体が持ちません。

では、これらのトラブルに巻き込まれた場合はどうすれば良いでしょうか?簡単なことで、誠心誠意誤って依頼をキャンセルしましょう。低評価が付くのは仕方がありません。それよりも、一刻も早くトラブルを脱しましょう。折角気楽にフリーでやれているのに、会社員時代と同じようなストレスを抱えるのは損です。

失業保険受給中の申告、確定申告手続きは忘れずに

なお、失業保険の受給中は必ず得られた金額を申告するようにしましょう。いやいや、ほとんど収入を得てないのに申告する必要あるの?確かに、税金が掛からないくらいの金額だと申告しなくて良いような気もしますよね。しかし、これはダメなようです。私の場合、逐一時間と金額を申告してほしいと言われました。受給日には毎回数千円を申告していました。

また、確定申告も同様です。事業所得か雑所得で申告する事になると思います。忘れずに申告するようにしましょう。

終わりに

無職をきっかけにフリーランスサイトに登録しましたが、とても食べていける代物ではないと思いました。本気でフリーランスをやりたい方は、今までの伝手など使えるものを全て使って仕事を受けていった方が良いです。勿論、新たに営業をするのも大事です。サイトに登録しただけでフリーランス生活を謳歌出来るほど、世の中甘くないようです。

以上、参考にしてみて下さい。