1. TOP
  2. Job
  3. 電車で押す人の心理

電車で押す人の心理

公開日:2021-07-04 最終更新日:2021-07-04

皆さんは電車に乗っている時に押されたことはありますか?反対に、車内に入れず押してしまった事はありますか?押しても押されても嫌な気持ちになりますよね…。

電車で押す人の心理

電車で急に押されると、その攻撃的な態度に思わずカッとなります。普段道端で押されることは無いですが、電車だと当たり前のように押されますよね。とはいえ、こちらが押す側になってしまうこともあります。一体、なぜ人は平気な顔で押すのでしょうか?

やはり、急いでいるから、仕事だから、を理由に押してしまっている気がします。この電車に乗らないと間に合わない。しかし、車内は混雑していて普通に乗ったら乗れない。かといって、すでに乗っている人は詰めてくれない。という事で、スペース確保のためにぐいぐい押します。

皆さん、本当は押したくないはずです。争いを生みますし、喧嘩に発展するかもしれません。それでも人は急いでいるから、仕事に間に合わないから、止むを得ず押すのです。

押されやすいのは出入り口付近

しかし、押された方はたまったものではありません。例え相手が急いでいても、こちらとしては関係ないですしね。押されないために出来ることはあるのでしょうか?

電車で最も押されやすいのは出入り口付近です。乗車時には外から詰められ、後者時には出口側に押されます。ここを避けるのが良いかもしれません。乗った瞬間に奥の方に移動すれば、一先ず出入り口からは離れられます。

出にくいと押す側になるかも

とはいえ、奥に行くとそれはそれで問題があります。出るときに中々出られないんですよね。そうすると、今度はあなたが押す側にならざるを得ません。

奥の方から出ようとした時、意外と誰も協力してくれない事に怒りがこみ上げてきます。急いで降りないと電車のドアが閉まってしまう。でも皆どいてくれない。押すしかないんですよね…。

終わりに

混雑した電車に乗る人は、多くの場合仕事か急ぎの用事です。急いでいるのに皆どいてくれない。この感情が、平気で人を押す心理を作ります。そして、これは電車が混雑している以上避けられないと思われます。如何に厚かましくなれるかが満員電車のコツです。

厚かましくなりたくない人は、電車の時間をずらすか、そもそも電車を使わないか、検討した方がいいかもしれません。電車を使わなければ、驚くほどストレスが無くなりますよ。

以上、参考にしてみて下さい。