HOME
Life
アラフォーが満員電車をやめたらストレスゼロ
カテゴリー
Life

アラフォーが満員電車をやめたらストレスゼロ

公開日:2020年6月21日
最終更新日:2020年8月19日

皆さんは電車通勤でしょうか。私は今派遣社員として働いていますが、毎日電車通勤です。辛いです。電車さえなくなればストレスゼロになるのに。

通勤のストレス

そもそも何が辛いのでしょうか。これは、経験したことある人にしか分からないかもしれません。政治家の人達は電車なんて乗らないのでしょう。満員電車が解決されるだけで、大きな支持を得られるのではないかと思います。

  • 単純に疲れる
    • 座席に座れないため1時間以上立ってないといけない
  • 体がぶつかる
    • 座りたいため強引に座ろうとする人がいる
    • まだ降りていないのに強引に入ってこようとする人がいる
    • 我先に降りようとする人がいる
    • ストレス発散か分かりませんが、わざとぶつかってくる人もいるらしいです
  • タイミングが合わない
    • 自分のペースで歩けない
    • 前を歩いている人がゆっくりだとモタモタしているように感じる
    • 逆に後ろを歩いている人が速足だと煽られる
  • 犯罪に巻き込まれる
    • 痴漢される恐怖
    • 痴漢冤罪の恐怖

ストレス対策

一番効果的かつ皆さんがやっているのは、早く会社に行くことです。私も同様です。ストレスを少しでも減らすため、なるべく朝早く家を出ています。早めに会社の最寄り駅に行き、カフェでゆっくりしています。

それでも、完全に避けることは不可能です。帰りは速く帰りたいので、結局人に埋もれて帰っています。

もっと根本的に解決したい人は、電車に乗ることを辞めることです。例えば引っ越して会社の近くに住む。車通勤出来る会社に転職する。また、中には通勤が嫌で独立した人もいるようです。

地方の企業も転職サイトなどでメリットとして挙げています。満員電車にさよなら、ストレスフリーな生活、など。たしかに大きなメリットですよね。

都市部で解決出来るか

しかし、各家庭の事情もあり、どうしても都市部で生活しないといけない方も多いでしょう。

では、どうすれば満員電車を解決出来るのでしょうか。

私は新幹線やホテルなどと同様、時間や曜日別に料金を設定してしまえばいいのではないかと思っています。

元々チケットから始まった電車料金の購買システムですが、今はほとんどが交通系ICカードで料金を払っています。そうであれば、一律の料金にせずに時間帯で料金を変えることが出来るのではないでしょうか。

電車会社としても、人が多い時間帯の料金を上げればもっと収益が上がります。どうしてもその時間帯に乗りたい人は一定数いるためです。どうしても乗りたい人以外はもっと安い時間帯に乗るため、上手く人が分散します。

電車はただの移動手段です。移動手段としての価値が、電車料金なのでしょう。しかし、ホテルやレストランだと空間としての価値も上乗せされます。空間としての価値も考慮して、電車料金を決定してほしいものです。満員電車には空間としての価値が全くありませんからね。

ちなみにこれは、通常の乗車料金だけでなく、定期券も対象とします。

誰も利用しなくなる

今はテレワークを行う企業も増えてきており、必ずしも電車に乗らなくていい環境、都市部に済まなくてもいい環境が整いつつあります。正直なところ、電車に乗りたくて乗っている人はいません。仕方なく乗っているだけなので、利用しなくていいとなれば誰も利用しなくなります。

実際、テレワークの方は気持ちよく働けているようです。期せずして満員電車をやめられたおかげですね。

個人として働き方を変える。鉄道会社が何らかの策で混雑を無くす。いずれにしても、満員電車が無くなるだけで多くの人のストレスが無くなります。