HOME
Tech
IPアドレスフィルタが動いていない時はIPv6の接続を見るといいかも
カテゴリー
Tech

IPアドレスフィルタが動いていない時はIPv6の接続を見るといいかも

公開日:2020年9月17日
最終更新日:2020年9月17日

皆さんはgoogleアナリティクスを使っていますか?私も当然使っていて、自身のトラッキングをIPアドレスフィルタで除外しています。

ところが、たまにIPアドレスフィルタが動いていない時があります。理由は様々でしょうが、IPv6で接続している人は接続が上手くいっているかどうか見てみるといいかもしれません。

  • はじめに
  • IPv6の接続を見ると接続が切れていた
  • IPv4接続でフィルタする?
  • 終わりに

はじめに

先日、何回かやり直しをしつつ、googleアナリティクスにIPアドレスフィルタを設定しました。AMPサイトでの設定は少々コツが必要でした。AMPサイトでのIPアドレスフィルタ設定方法

今まではアナリティクスのデータは参考程度にしていました。というのも、自身のトラッキングも含まれていたからです。wordpressを使っていると、誤字脱字の確認などで記事をプレビュー表示させると思います。今までは、あれもトラッキングされていたんですよね。

無事フィルタを設定したことで、今後は上手くデータが取れると思って数週間経ちました。データを見ていると、明らかにプレビュー表示がカウントされている時があります。

IPv6の接続を見ると接続が切れていた

ところで、私はIPv6で接続をしています。特に理由は無かったのですが、何かのサイトで早いと聞きましたし、わざわざIPv4にする必要がありませんでした。

フィルタが動いていない理由を調べていくと、何故かこのIPv6の接続が切れていました。IPv4で接続されています。特に変なことはしていないと思うのですが…。ただし、パソコンを再起動するとIPv6に戻りました。

なお、IPv4で接続されているかIPv6で接続されているかは、インターネット上に沢山サイトがあります。そこでどちらの接続か確認出来るので、見てみて下さい。

IPv4接続でフィルタする?

ちなみに、IPv6の接続が悪い場合はIPv4で接続されています。そのため、そちらのフィルタを用意していれば今回のような問題は起きません。

ただし、少々面倒ですよね。IPv4は値が変わることがあると聞きましたし。私はIPv6のフィルタのみでやっていこうかと思います。

終わりに

アナリティクスのデータはブログ運営で色々と参考になります。少しの設定ミスで必要なデータが取れていないと、少々勿体ないですよね。

今回のフィルタが動かないエラー。とりあえず、再起動すれば接続がIPv6に戻り、フィルタも戻ります。どのタイミングでIPv4に切り替わるのか知りたいですが、都度エラーに対処していくしかないのかもしれませんね。

皆さんも参考にしてみて下さい。