1. TOP
  2. Job
  3. 派遣社員の扱いが酷いのは転職活動の時

派遣社員の扱いが酷いのは転職活動の時

公開日:2021-01-30 最終更新日:2021-01-30

ネットを見ていると、派遣社員で酷い扱いを受けた、という記事をよく目にします。でも、本当にそうでしょうか?体験としては、就業中に酷い扱いを受けた経験はありません。しかし、転職活動時には酷い扱いを受けます。

派遣社員の扱いは酷い?

私の経験として、派遣社員だからといって特別酷く扱われた事はありません。昨今は派遣先の企業も十分気を付けていますし、身分差別のようなものはかっこ悪いというイメージもありますしね。勿論、よく記事に書かれている下記の様な事は大いにあるかもしれません。

確かにこれらの扱いを受けることはあります。とはいえ、正社員として働いていても同じような扱いを受けますよね。例えば、名前を呼んでもらえず中途の人と呼ばれる、仕事を教えてくれない、他部署の人間や親会社の人に見下される、など。これらは派遣社員だから受けるのではなく、働く会社によって受けてしまうものだと思います。ネットにも、良い派遣先、悪い派遣先の記事がありますしね。重要なのは派遣先です。

なお、派遣社員は雑用ばかりやらされます。これが就業時に受ける一番酷い扱いかもしれません。派遣社員は正社員の雑用ばかり?

転職活動時には酷い扱いを受ける

就業中よりも、もっと酷い扱いを受ける瞬間があります。それは、転職活動時です。私が受けた扱いを下記に載せます。

やはり、派遣切りや大量失業のニュースも後押しし、派遣社員に対するイメージは良いものではありません。ネガティブに見られることが多く、少し見下しているような様子さえ見えます。過敏になっているせいもあるかもしれませんが…。

終わりに

就業中に酷い扱いを受けた、という記事が多いですが、体感としては特筆すべきようなものではありません。むしろ、培ってきた経験を蔑ろにされる転職面接時。こちらの方が甚大です。経験を蔑ろにされると気持ちが萎えますよね。しかし、正社員しか経験していない企業の人から見ると、派遣社員の経験はそれくらいの認識なのでしょう。将来的に転職を考えている人は、この辺りの認識を持っていた方がいいかもしれません。

以上、参考にしてみて下さい。