1. TOP
  2. Blog
  3. GRCもRanktrackerも不要だった

GRCもRanktrackerも不要だった

公開日:2021-01-10 最終更新日:2021-01-12

せっかく書いた記事にアクセスが無いと辛いですよね。そこで、検索順位のチェックです。ネットでは、GRCRanktrackerが人気のチェックツールです。しかし、本当に有料のチェックツールは必要なのでしょうか?サーチコンソールでも順位は調べられるのですが…。

サーチコンソールでも検索順位を調べられる

まず、検索順位を調べるだけならサーチコンソールでも出来ます。検索パフォーマンスの平均掲載順位という項目では、キーワード毎、ページ毎の検索順位が出てきます。BingのWebmaster Toolsでも同様の機能があります(検索パフォーマンスに平均の位置という項目)。

どちらもキーワード事、ページ毎に時系列でグラフ表示できます。例えば、下の図は1年間の履歴をあるページで見たものです。これがあれば、どのように順位が変わったか、突然順位が落ちていないか、十分に見る事が出来ます。

GRCとRanktrackerの良い所

では、GRCやRanktrackerは何が良いのでしょうか?1つは大量のキーワードを一気に処理出来る事でしょう。GRCの検索結果を見ると、何種類かのキーワードをGoogle, Yahoo, Bingの検索結果としてグラフ出力しているのが分かります。

なお、Ranktrackerではライバルサイトの順位も確認出来ます。さらにキーワード調査も可能で、キーワード候補の選定、キーワードの難易度分析までやってくれます。単に検索順位を調べるツールというより、上位表示させるキーワードを探してくれるツールのようです。多くの記事でRanktrackerをおすすめしている理由が分かりました。

どちらも個人サイトには不要と判断

さて、結局GRCやRanktrackerは必要なのでしょうか?私は個人で使う分には不要と判断しました。

個人でやる場合、せいぜい人気の記事に対する検索順位の確認に留まると思います。そうであれば、サーチコンソールで十分です。数個の記事なら時間も掛からないですしね。

それに対して、ツールでは大量のキーワードを一気に処理します。結果も沢山出てくるでしょう。しかし、結果を受けてもアクションを取れる人手が無いのが個人サイトの辛いところです。集団でサイトを運営している場合は良いのかもしれませんが…。

終わりに

ブログやサイト運営で分析は必要ですが、個人でやる分には有料ツールは不要かと思います。大量に結果が出てきても、やることリストばかり増えていきそうです。やはり、有料ツールは人手の豊富な大規模サイトや会社が使うものなのかなと思いました。

以上、参考にしてみて下さい。