1. TOP
  2. Life
  3. 不動産屋の態度が悪い時は契約を断ろう

不動産屋の態度が悪い時は契約を断ろう

公開日:2021-03-03 最終更新日:2021-03-03

先日、引っ越しをしようかと賃貸物件を探していました。今はわざわざ不動産屋に行かなくてもサイトで探せます。便利ですね。とはいえ、内見するためにはどうしても不動産屋に行かなければなりません。不動産屋はイメージが悪いですよね。態度が悪い、横柄、押しが強い…。アラフォーにもなると、不誠実な対応を許容出来なくなってくるものです。

不動産屋の態度が悪い

私が向かったのは某大手の不動産屋さんです。特に大手に拘って選んだ訳ではなく、たまたま物件を紹介していたのがこの不動産屋さんでした。向かったのはちょうど繁忙期と言われる3月。忙しい時期ですよね。スタッフの方も余裕がないのでしょう、全体的に嫌な雰囲気でした。

結局、どうしても引っ越しをしたい訳ではなかったため、契約を断ることにしました。さすがに向こうも焦っていましたが…。契約書にサインをするまでは断って良い、という記事(賃貸申し込みのキャンセルは可能?いつまでなら可能か、注意すべき点などを徹底解説)を頼りに毅然と断りました。ちなみに、サイン後は違約金等あるそうなので、断るなら契約前にしましょう。

なぜ横柄になるのか?

しかし、不動産屋さんはなぜこうも態度が悪く、横柄になってしまうのでしょうか。やはり、繁忙期は客の数が多いからでしょう。もしかすると、スタッフは客が多くて面倒、とさえ思っているかもしれません。本当は客がいるのは有難い事なのですが。

また、通常家探しは必要に迫られて行う人が多いです。進学、入社、転職、転勤、などがその代用でしょうか。故に、特別サービスを良くしなくても一定数の来客が見込めます。このような、絶対に必要な物を売っている業者のサービスは得てして良くないですよね。勿論、その中でもサービスに力を入れている店舗は素晴らしいと思います。

態度が悪かったらすぐキャンセルしよう

賃貸の場合、どこで物件を契約しても得られる結果は同じです。わざわざ態度の悪い店舗で契約をする必要性もありません。もし、あなたが不動産屋さんに行って嫌な思いをしたなら、すぐに付き合いを止めていいと思います。その方が精神的に良いです。ただし、上でも書いたように契約前にキャンセルして下さい。

終わりに

インターネットで記事を調べると、不動産屋さんの態度について沢山記事が出てきます。多くの人が私と同じように感じている証拠です。いずれ、amazonのような1つのプラットフォームに集約され、オーナーさんが直接物件を販売できる環境が整うのでしょうか。そうなれば、多くの仲介業者が無くなりそうですね。

以上、参考にしてみて下さい。