1. TOP
  2. Job
  3. 電車の何が何でも動かない人を避ける

電車の何が何でも動かない人を避ける

公開日:2021-03-28 最終更新日:2021-03-28

通勤と言えば満員電車ですよね。テレワークが増えて少しは軽減されているのでしょうか?私はあまり実感が湧きません。私が乗っている電車は時間帯のせいか毎朝混雑が激しいです。しかし、混雑しているのに何が何でも動かない人っていますよね…。

電車が混んでいても仁王立ちで動かない人

電車に乗っていると仁王立ちで固まっている人をよく見ます。発生しやすい場所は、ドア付近、ドアから近い椅子の前、でしょうか。おそらく、すぐ降りるつもりなのでしょう。奥に詰めると電車から出るのが大変ですしね。

それでも乗車人数が少なければ問題ないのですが、この手の人は満員電車の時ほど気合が入ります。新しく人が乗っても奥に詰めてくれません。押しても跳ね返してきますし、絶対に動かないという意思を感じさせます。つり革を両手でつかんでいる人がいたら要注意です。

上手く回避する方法はあるのか

こういう人達を上手くかわす方法はあるのでしょうか。まずは車両を変えるのが良いかもしれません。彼らが頑なに動かないのは、電車から出る時に時間を掛けたくないためです。そして、電車から降りた後の動きを考えて車両を選んでいます。例えば階段付近に停まる車両でしょうか。そのため、車両を少しずらせば遭遇を免れる可能性が高いです。

始発駅を利用すると乗車時は遭遇しない

ところで、このような仁王立ちの人が出てくるのは乗車が大きく増える駅です。当然ですが、始発駅ではまずいません。始発駅の場合座れますし、座れなくても奥の方に陣取る事が出来、少なくとも乗る時の押し合いは避けられます。勿論、降りる時は彼らを押さないと出られませんが…。それでも乗る時のストレスは無くせますよね。

終わりに

満員電車は本当に辛いです。それが嫌で、本来の経路とは違いますが始発の電車に乗って座るようにしています。以前は押し合いをやっていましたが、今は押し合いにも参加していません。やはりあの押し合いはストレスが溜まるようで、座り始めてから電車のストレスを感じなくなりました。少し遠くなる程度なら思い切って始発の電車を狙っても良いかもしれません。また、通勤を理由に引っ越してもいいかもしれません。

以上、参考にしてみて下さい。