1. TOP
  2. Dating
  3. 街コンが下火になった理由

街コンが下火になった理由

公開日:2021-10-23 最終更新日:2021-10-23

皆さんは街コンをご存知ですか?数年前に流行していたイベントです。しかし、今はすっかり下火になってしまいました。一体なぜ?ここではアラフォー男性の視点から理由を考えてみます。

街コンが下火に?

街コン全盛期の頃は参加人数も多かったですよね。多い時で男女100人ずつのイベントもありました。また、1回のイベントで3から5店舗ほどのお店が参加しており、色々なお店を知れるイベントでもありました。

なお、参加者は大体2人1組でお店を回ります。出会える人数としては、大体4組8名でしょうか。昔はお金もせいぜい6000円前後と安く、昼間からお酒が飲め、出会いもあり、お店も開拓出来るイベントだったんですよね。

参加者にとってメリットが多かった街コン。なぜ急降下するように下火になってしまったのでしょうか?

食事が悪くなった

廃れた原因の1番は、食事が悪くなったためだと思われます。当初は良いお店が多く、またお店側のサービスが良かったように思います。ドリンクも料理も多かったですしね。何より美味しかったです。

数年経って街コンに参加した時、お店はチェーン店に変わっていました。ドリンクや料理の質もあからさまに悪くなっていました。酷いときはポテトチップスが出てきました。

良いお店が撤退したのは何故でしょうか?思うに、街コンに参加していた店舗の狙いはイベントを通してリピーターを増やすことだったはずです。ところが、参加者は遠方から来ている人が多く、あまりリピーターにはなってくれませんでした。当てが外れたため参加を取り止めていったのかもしれません。

また、街コンイベントでの店舗の儲けはあまり大きくなかったのかもしれません。そのため、コストの安いチェーン店しか参加出来ず、低価格の料理が頻出するようになったのでしょう。

女性が離れ、男性も離れた

こうなると、参加者は減っていく一方です。そこで主催者が取ったのが、女性側をかなり安くし、男性側を高くする作戦です。当初は女性4000円、男性6000円だったのが、気付けば女性2000円、男性8000円になっていました。多少高くとも、男性は女性がいれば来るはずですよね?

ところが、この値段設定でも女性は来てくれなくなっていきました。女性は男性よりも賢く、いくら2000円でも料理が美味しくないと参加するモチベーションが上がらなかったのでしょう。2000円も出せば美味しいものを食べられますしね。

そして、徐々に男女比が保証されなくなりました。会場に行ったら圧倒的に男性が多い現象も、この頃から起き始めました。高いお金を払っているのに、ポテトチップスとジュースのようなお酒。そして数少ない女性に必死に話しかける状態…。全くメリットを感じませんよね。

ちなみに、この頃相席形態のお店が流行しました。一部のお客さんはそちらに流れてしまったのかもしれません。

終わりに

良質の食事が提供されている頃は、街コンは楽しいイベントでした。それらがなくなり、女性も減り、いつの間にか街コンは割高のイベントになったようです…。

今の街コンにはまだ参加していませんが、以前の活気は感じられません。値段は良心的になったようですが、まだまだ状況は改善していないのかもしれません。

以上、参考にしてみて下さい。