1. TOP
  2. Blog
  3. ブログで200記事書いても大したアクセス数にはならない

ブログで200記事書いても大したアクセス数にはならない

公開日:2021-12-31 最終更新日:2021-12-31

コツコツとブログを書き続け、ついに記事数も200まで増えました。質より量でやっていますが、それでもここまで記事数が増えたのには感慨深いものがあります。しかし、それで結果が伴うという訳でも無く…。

ブログで200記事書いた時点のアクセス数

週末のみ更新しているこのブログ。それも1,2記事ほどしか作成出来ないため、ここまで来るのに2年ほどの時間が掛かってしまいました。巷では半年ほどで書き上げる猛者もいるそうで、技量の差を感じます。

さて、200記事時点のアクセス数はどれくらいなのでしょうか?1日平均で30程度、1か月平均で900ほどでした。決して多いとは言えませんね…。とはいえ、書き始めた頃は月平均30以下でした。少しずつですが、着実に結果は出ています。

100記事時点の倍のアクセス数にはなった

ちなみに、100記事時点のアクセス数はだいたいこの半分でした。おお、比例関係になっていますね。

(参照)ワードプレスで100記事書いても大きなアクセス数にならなかった

この考えでいくと、500記事でやっと月間2500アクセスくらいになりそうです。うーん、果てしなく遠い道のりですね。やはり、何も考えずに書いていてはダメなのか。質より量ではなく、量より質への転換期が訪れたのかもしれません。

200記事のほとんどは読まれていなかった

なぜ質を高めることが大事なのでしょうか?それは、折角書いても読まれない記事が沢山あるためです。私の例で言うと、200記事のうち読まれているのは30記事以下です。逆に言うと、この30記事で月間アクセスが900になっている訳ですね。例えば200記事全て読まれていれば、アクセス数は6000です。なんと夢のある話でしょうか。500記事書くよりは幾分マシな気がします。

では、どうやれば記事が読まれるようになるか。上位表示されている記事を見ると、サイト自体凝っていますよね。顔を出している人も多いです。何か吹き出しのようなフォーマットを使って、どうも!~です!、というような挨拶から始まり、記事に入る。

実際、記事の中身自体は上位10記事でほぼ差がありません。いや、もしかすると上位100記事でも変わらないのかもしれません。それよりも、モダンなデザイン、顔出し、面白い文章。この辺りが大事なようです。しかし、うーん、私に出来ることはあるのでしょうか?アラフォーのおっさんの顔を出しても仕方がありませんしね。文章術でも学びましょうか…。

終わりに

ブログで200記事に到達しても、大したアクセス数にはなりません。とはいえ、100記事時点の倍にはなります。また、読まれている記事が極端に少ないため、もっと読まれる記事が増えれば変わってくるかもしれません。質より量ではなく、そろそろ量より質へ舵を取れという事なのでしょう。

以上、参考にしてみて下さい。