1. TOP
  2. Blog
  3. AMPサイトでのanalytics設定方法

AMPサイトでのanalytics設定方法

公開日:2020年12月2日 最終更新日:2020年12月2日

この記事は、wordpressでAMPプラグインを使ってサイトをAMP化した人を対象としています。AMPサイトでのanalytics設定方法は、少しコツが必要です。通常と同じように設定すると、自身のトラフィックが除外されません。

はじめに

AMPサイトでanalyticsを設定した所、自身のトラフィックを除外出来ていませんでした。フィルタが上手く働いていないのでしょうか?

実は、AMPサイトではIPアドレスの一部が匿名化されるそうです。そのため、通常通り設定すると自身のトラフィックを除外出来ません。

AMPでのgoogle analytics設定

AMPプラグインを使っている場合、wordpress側の設定はすぐに終わります。AMP>アナリティクスと進み、下記のコードを入力するだけです。これで、サイトがトラッキングされるようになります。accountの所には、自身のトラッキングIDを入れて下さい。


{
"vars": {
		"account": "自身のアカウント"
	},
	"triggers": {
		"trackPageview": {
			"on": "visible",
			"request": "pageview"
		}
	}
}

次にanalytics側の設定をします。自身のトラフィックを除外するため、フィルタの設定をします。IPv6で設定すると良さそうです。アナリティクスフィルターで自分を除外できない時はこれをやってみて!

AMPサイトでのanalytics設定のコツ

通常のサイトでは、以上の設定で上手くフィルタが機能します。ところが、AMPサイトではIPアドレスの一部が匿名化されるらしいです(AMP Analyticsで自社(特定)のIP Addressからのアクセスを除外する方法)。下記の赤字部分が匿名化される場所です。

そのため、匿名化される部分を含めてフィルタを掛ける必要があります。IPv6の場合、前4つのブロックでフィルタを設定していたと思いますが、前3つのブロックでのフィルタに変更してみて下さい。

この設定により、上手く自身のトラフィックが除外されると思います。この設定では自身だけでなく、前から3番目までIPアドレスが同じ人も除外されてしまいますが、背に腹は代えられませんよね。

終わりに

AMPサイトではIPアドレスの一部が匿名化されてしまいます。そのため、analyticsのIPアドレスフィルタの範囲を少し広げて設定する必要があります。

以上、参考にしてみて下さい。