町田の男性専用千円カットで綺麗な女性に切ってもらえました

私は月に1回髪を切っています。毎回思うのが、髪を切りに行くのがとても面倒だということです。さらに、毎回カットとシャンプーで¥5,000近く掛かります。高い!

どうせ高いお金を払うのなら、女性に切ってもらいたいですよね。新規でクーポン使った方が安いため、常にhotpaper beautyで美容室、美容師を探しています。

先日も同じように探していたところ、町田に男性専用の1000円カットがあることを知りました。「ハイソサエティ-HIGH SOCIETY」というお店です。2019年にオープンしたようです。また、特徴として若そうな女性しかいないとあり、行ってみました!

感想として、細かいことが気にならず、若い綺麗な女性に安く切ってもらいたいなら行くべきです。

細かいことが気になる方にはおすすめできないです。

  • 場所が少し怪しいお店の近くなので、入り辛いです。店内は綺麗です。
  • 店内は数名の客がいました。若そうなお兄さんから50前後の人まで様々です。
  • 1人だいたい20分くらいの回転で、そこまで待たずに呼ばれました。
  • 美容師は女性のみです。綺麗めな恰好で、25~30歳といった感じです。行った時が扱ったせいか、わりと露出気味でした。
  • 会話は一切ありません。これは私だけでなく、全員そうでした。
  • 1000円カットなんですが、結構聞いてくれます。ここはこうでいいですか、のように。他のお店もそうなんでしょうか。
  • 仕上がりは十分満足できます。
  • 気になったとことして、ものをガチャガチャ置いてました。まあ、お客さんが多くて時間がなかったのかもしれません。タイムトライアルをやっているような印象で、はさみをバンッ、ドライヤーをガンッ、といった調子です。
  • なんか髪を切ってるとき痛かったです。はじめての経験なので原因は分かりませんが、雑な印象を受けました。バリカンも早くやらなきゃと焦っているような印象でした。
  • 顔ふきのタオルの汚れが落ち切れていませんでした。たまたまかもしれませんが、少し気になりました。

個人的には仕上がりが悪くなく、女性に安く切ってもらえるため次回も行ってみようと思います。月4,000だと年間5万くらい違いますからね、、貧乏人には助かります。

しょぼいと言われるスマホ用VRゴーグル(サンワダイレクト)で近視が多少回復

VRを使用すると視力が回復するという噂を聞きました。実際に毎日5時間ゲームをして回復されたとのことです。なんとなく、VRはテレビゲームと同じなので悪くなりそうなんですが。

そこで、私も試してみました。私も中学生くらいから視力0.1なので。視力をなんとしても回復させたい。

使用したのは下記の安いVRです。スマートフォンのタイプですね。

アプリはyoutubeを使いました。

使用してみた感想ですが、確かに回復しそうです!

使う前までは、目との距離がとても近いため、視力が悪化するのではないかと思いました。ところが、装着前、装着後で明らかに見え方がよくなります。

ただし、私はわりと遠くを見る風景の動画を使いました。関係あるか分かりませんが、なんとなくアイドルのVRだと距離が近くて目が疲れたためです。遠くの山や海などの動画だとかなりリラックスできている感じがします。

少し試してみます。

甘党男子のメンバーが爽やかだった(2019/9/15のアリオ橋本)

アリオ橋本という橋本駅近くのシッピングモールに行ったところ、甘党男子というグループのイベントをやっていました。

別件があったためイベント自体は見れなかったのですが、すごく爽やかな人達だという印象を受けました。というのも、たまたま2Fのカルチャーセンターを楽屋に使っていたようで、目の前で通り過ぎていくのを見ることが出来ました。

周りにはおそらく甘党男子のファンはいませんでした。が、特に先頭にいた方、髪が明るめだった気がしますが、凄く爽やかにその場にいた人たちに挨拶をしていました。イベント自体すごく盛り上がっていたようで、無名な方々じゃないのに率先して挨拶されていた行動に、大変驚きました。

イベント自体は1Fの広場みたいなところでやっていたようです。ファン層は全員女性でしたね。10代~20代の女性が多い印象です。

競艇で分析する人はぼろ負けする

競艇は面白いです。何が面白いかというと、楽してお金が入ってくる可能性がある、ということに尽きると思います。ただ、上手い人と下手な人に分かれます。違いを考えてみました。

私は競艇だと横浜のボートピアが一番近いです。たまに行っています。ボートピアは5場くらい同時にやっているので、勝てそうなレースがあると意気込むものです。

ところが、ボートピアにつくと途端に全く当たらない雰囲気に飲まれます。やはり、マイナス収支になるのが怖いものです。そして、買い目が酷いです。だいたい本命筋を中心に買ってしまいます。

ここで、どのように買い目を考えるかというのが重要になってきます。勝率、スタート、モーター、プロペラ、コース。また、新聞予想に専門誌予想、予想屋さん。情報が多くて回目が絞れないことが多いです。さらに、オッズによって買い目を変えてしまうことも多いと思います。

情報が多いというのは、その情報が同様に確からしいという前提に立っているためそうなります。つまり、情報に優先順位がわかりやすくあれば、振り回されないで済みます。レース結果と事前情報を見比べて、明らかに差異があれば分析も楽です。ただ、このように分析しても、負けていきます。

上手い人は最初に情報を絞っているイメージです。事前情報をまず選択して、それをもとに論理を組み立てます。勿論、ほぼ負けています。ただ、何か上手いと思わせる買い方をします。

下手な人は後から分析をして、やっぱりあれが大事だったと次回の買い目に考慮します。情報に振り回されているようなイメージです。上手い人は、情報の選択を先に行い、分析をあまりしません。私も次買うときにやってみようかと思います。

英語を使う仕事じゃない人が英語を使うとやりこめられる

昔から英語は大事だと言われ続けています。しかし、私はやはり英語学習の前に自身の能力を上げる方が重要だと思いました。生半可に英語を使えてもかえって仕事がやりにくくなるような気がします。

私がまだ小さい頃、20年、30年ほど前より英語は重要だと言われ続けています。実際に多くの語学スクールがありますし、会社によっては英語学習の補助をしてくれるところもあります。私も色々英語を話せるようになりたい、とオンライン英会話をやったこともあります。また、超勉強法ももちろん試しました。

英語が重要なのは理解できます。大学や大学院でも使うでしょうし、会社に入っても使います。メーカーであれば今は国内よりも海外で仕事をする機会の方が多いのかもしれません。ただし、多くの人は話す英語ではなく、読む英語を勉強しています。実際に英語が武器となるのは、英語で交渉が出来る人間です。

以前、外国の方と会議をする機会がありました。まったく何を言っているか分かりませんでした(笑)。それで済めばいいのですが、こちらが不利になるようにコントロールされていました。柔和な態度、硬直した態度、と外国の方は交渉が上手いと思っていました。

ところが、こちらは全く戦えませんでした。私は挨拶さえ出来ません。上司や少し英語の話せる方も、hello、くらいのにこにこした挨拶しか言えないように思えました。たしかに愛想は大事ですが。英語の上手な方は聞き取れているようですが、無条件に相手の言うことを承諾しているような印象でした。

しかし、相手が英語圏でなく、こちらと英語レベルが同じ場合はしっかり交渉出来ていました。国民性なのでしょうか。相手が強いと何も言えない。

その当時、積極的に英語を使おうとしていたために一般職も会議に出ていたのですが、いいようにやられてしまうため、最終的には英語で交渉出来る人間を窓口としました。どうせ相手のいいなりになるのに会議に出る必要はないですし。単に仕事が増えただけでした。

今の時代、新しいデバイスやサービスのおかげで、英語を読むことに関しては不自由がありません。そのうち、話すことに関する障壁も無くなるかもしれません。出来ない英語の学習を頑張るのではなく、言葉の障壁がなくなったときのために用意した方が時間が節約できると思われます。

初心者バンドメンバー募集

タイトルで検索を掛けることがあるのですが、特化したものが出てきません。だいたいoursoundsやジモティーが検索で出てきます。

今時色々なマッチングサイトがあるのですが、なぜか初心者バンドはないんですよね。バンドを始めたい方や、技術に不安を持っている方は多いような印象があるのですが。

初心者バンドが続かない3つの要因

私はドラムを趣味としています。はじめて触ったのは10年ほど前です。友人に誘われて始めました。ただし、ずっとやっていたわけではなく、よくて月1、悪いと1年に1回くらいのときもありました。

基本はMixiやoursoundsなどのSNSで初心者可の人を集めてバンドを作っています。しかし、これが中々続きません。大抵揉めて終わります。

参考に今までやったのをざっと下記に示します。

  • アイドル志望の人がいたバンド=>何も進まず終了(2か月)
  • 女子大生ボーカル=>1回ライブを実施して終了(6か月)
  • 東京大学の人がいたバンド=>顔合わせで終了(0か月)
  • 友人と作ったバンド=>1回ライブをして終了(6か月)
  • オリジナルをやったバンド=>2回ライブをして終了(2年)
  • 友人と作ったバンド2=>2回スタジオ入って終了(3か月)

こうしてみると様々ですが、実際終了の原因は3つです。

  1. 目標がなくだらだら練習するパターン
  2. 曲決めやライブの頻度でもめるパターン
  3. オリジナルをやりたがる人がいるパターン

1.目標がなくだらだら練習するパターン

このパターンが最も多いのではないかと思います。ライブを目標にした場合、そこまでは頑張ることが多かったです。だらだら月1で練習していると、何のためにやっているのか分からなくなっていきました。勿論、はじめは音を合わせるだけで楽しいのですが。

ライブは参加賞で、自分達でノルマを払っていました。だいたい1、2回やると終わりに向かいます。

2.曲決めやライブの頻度でもめるパターン

これは強いリーダーがいれば解決すると思います。

ただし、全員初心者の場合、強く主張する人が少ないです。結果、みんながやりたい曲を1曲ずつやるなどして方向性が定まりません。全員がやりたくない曲をやることで、ちょっとずつ不満が溜まるのかもしれません。

最後は、急に反旗を翻すかのように離脱者が出てしまいます。私もそのタイプです。

3.オリジナルをやりたがる人がいるパターン

初心者のオリジナルは酷いです。リズムや曲が単調で、多分聞いている人は疲れます。勿論、作っている人は生みの苦しさもあり、素晴らしいと思います。

ただ、悪いものは悪いです。自分が作れないからと言って、悪いものを認めるわけにはいきません。そうこうしているうちに、オリジナルを作ってくれる人に対して不平、不満が出ます。

この3つをケアすれば少しは続くのではないかと今は思っています。ちなみに、各パートに対して下記印象を持っています。

ボーカル

意外と自己主張が少ない。明らかに無理な曲でも頑張ってくれる。

ギターボーカル

自己主張が強い。だいたい揉める。リーダーシップはあるが、議論はできない。

ギター

自己主張が強い。ギターが複数いる場合揉めることが多い。

ベース

変な拘りがある。ダメ出しができる。

ドラム

普段は協調性がある。だが、急に辞める。

キーボード

扱いが難しい。デリケート。

Japanese hotel booking suggestion site of travel (I am Japanese)

Hi there. I am Kago, Japanse.

I think cheaper trip is better becuase I want to use money to other thing. So, I always use the below site when trabeling, buisiness or sightseeing. It is usuful site in japanese trip. Thank you very much!

Jalan

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

Thank you for your attention!

横浜のボートピアの有料席は綺麗だがデートに使える?

神奈川県には競艇場がないので、ボートピア横浜というところに行ってみました。どこの競艇場もそうですが、女性が全くいません!ましてや彼女連れの方はいないです。ちょっと怖そうなお兄さんがたまに連れているくらいでしょうか。

さて、そんなボートピア、有料席というものがあります。ボートピアの場合入場料がタダですが、5Fにある有料席なら比較的ゆっくりと出来そうです。デートにも使えると思います。料金は2019/8/25現在1人あたり\3,000のようです。

ただし、アンガーマネージメントが下手な人は彼女とは競艇に行かない方がいいかもしれません。

テニス肘がテニススクールで悪化した

私は5年ほど前からテニススクールでテニスをしています。当初は色々異性の知り合いを増やしたかったのですが、だんだんとテニスの面白さに気付いていきました。普段会わないような人ともテニスができ、軽い運動は息抜きにもなるため、テニススクールは本当にいいです。

しかし、最近肘を痛めてしまいました。スクールを変えたのが原因なのでしょうか。年齢的な部分もありそうですが、、あまりに痛いのでテニス肘にならない打ち方を調べてみました。

まず、肘を痛めるモードは3種類あるそうです。

  • バックハンド時、片手でやるときに肘の外側を痛める
  • フォアハンド時、手をこねすぎて肘の内側を痛める
  • サーブ時、これも手のこねがよくないようです

私の場合、フォアハンドの手打ち、サーブの手打ちが原因と考えられました。特にサーブの時に酷い痛みです。手のこねは数年前にスクールのコーチに回転をかけるために教えてらった方法ですが、あまりよくないみたいですね。

そこで、ひとまずフォアハンドの手打ち矯正も含め、両手フォアハンドとしました。手の自由度が下がるため、こねも防げています。

また、サーブは腕をふりまわすようなスイング、手の力だけでやっていたのですが、ボールを上に投げるような気持ちで軽く打っています。50%くらいの力です。

ところで、この辺りをやりつつスクールを変えてみました。コーチが良くなかったのが理由です。すると、日に日に肘の痛みがよくなりました!どうやら、スクールのボールがよくなかったみたいです。詳しい理由は分かりませんが、前のスクールではボールが飛ばないため、手打ちに拍車がかかっていたようです。

結局のところ、環境が変わって痛みが出た場合、まず環境を疑うのが正解だったようです。まあフォームについて再度研究、改善できたので良かったとは思います。ダブルハンドのフォアも継続しています(笑)